無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

323
2021/06/14

第3話

授業は知り合いだらけ
あなたSide



エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
あなたー、いくぞー
デュース・スペード
デュース・スペード
置いてくぞー
you
you
ま、待って!

初めての授業はエースくんとデュースくんと一緒に行くことになった。

ふたりとも面白くて優しくて、一緒にいて楽しいんだ。



でも、……………
グリム
グリム
〜〜〜!
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
〜〜〜〜
you
you
デュースくん、エースくんどうしたの?
デュース・スペード
デュース・スペード
喧嘩してる
you
you
うわ!火が!
グリム
グリム
ふなぁぁぁぁ!

小さい動物の子がグレートセブンの像を燃やす。

エースくんとデュースくんはめっちゃ焦っていた。
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
何やってんだよ?!
監督生
監督生
ぐ、グリム!
ディア・クロウリー
ディア・クロウリー
火が!
you
you
あ、お父さん

その後はみんなお説教を食らって授業へ向かった。

デイヴィス・クルーウェル
デイヴィス・クルーウェル
デイヴィス・クルーウェルだ。
you
you
………クーさんだ、
デュース・スペード
デュース・スペード
クーさん?
デイヴィス・クルーウェル
デイヴィス・クルーウェル
おぉ、あなたじゃないか、
you
you
ビクッ……お久しぶりです
デイヴィス・クルーウェル
デイヴィス・クルーウェル
またうちに遊びに来るといいぞ
you
you
は、はい
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
先生と知り合いなのか?
you
you
ちょっと遊びにお家へ……

お父さんが出張のときはクーさんのところへ行っていた。

クーさんのお家に行くと毎回いろんな服を着せてもらえた。


全部モコモコだったけど。

デイヴィス・クルーウェル
デイヴィス・クルーウェル
では、早速授業に入る。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


アシュトン・バルガス
アシュトン・バルガス
あなた!!今日こそは校庭20周走ってもらうぞ!
you
you
む、無理です
アシュトン・バルガス
アシュトン・バルガス
いや!できる!さぁやるんだ!
you
you
ふへぇ

俺はライオンじゃない!狐!

狐はそんなに走らないよぉ…………
エペル・フェルミエ
エペル・フェルミエ
めっじゃばじっとる………
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
あいつ根性あるな、………
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
あなた足速くね?!
デュース・スペード
デュース・スペード
普通に凄いな、


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

モーゼズ・トレイン
モーゼズ・トレイン
眠ることのないようにな、特にあなた。
you
you
ふえ?
モーゼズ・トレイン
モーゼズ・トレイン
私が文字を教えていたら寝たことがあっただろう。
その時みたいに優しく毛布はかけてやらん。
you
you
は、はい
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
優しく毛布かける先生見てみてぇ
デュース・スペード
デュース・スペード
あなたは色んな人と知り合いなんだな、


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
いただきまーす
デュース・スペード
デュース・スペード
いただきます
you
you
いただきます

授業も一段落してご飯が食べられた。


うん、小さい頃に学園回ってたときに食べさせてもらった味だ。
トレイ・クローバー
トレイ・クローバー
隣いいか?
you
you
ビクッ
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
トレイ先輩!
ケイト・ダイヤモンド
ケイト・ダイヤモンド
僕も混ぜてー
デュース・スペード
デュース・スペード
ケイト先輩も、
リドル・ローズハート
リドル・ローズハート
あなた、いいかい?
you
you
は、はい
トレイ・クローバー
トレイ・クローバー
君が学園長の隠し子か、……
ケイト・ダイヤモンド
ケイト・ダイヤモンド
マジカメにアップしたーい!
写真撮ろ!
you
you
ぅ、あ、はい
リドル・ローズハート
リドル・ローズハート
ケイト、もう少し静かに、
ケイト・ダイヤモンド
ケイト・ダイヤモンド
よし!アップ!

誰なんだこの人たちは………


寮長さんの知り合いで僕達と同じリボンが制服に付いてる………
トレイ・クローバー
トレイ・クローバー
……挨拶してなかったな、トレイ・クローバー。
ハーツラビュル寮の副寮長だ。
ケイト・ダイヤモンド
ケイト・ダイヤモンド
あ、そっか、
ケイト・ダイヤモンド。ケイくんって呼んでねー
you
you
よ、よろしくお願いします
ケイト・ダイヤモンド
ケイト・ダイヤモンド
おどおどしてるー!可愛いー!
リドル・ローズハート
リドル・ローズハート
学園長が「あなたは人見知りだから安易に人を近づかけないように」と言われている。
トレイ・クローバー
トレイ・クローバー
じゃあ、あまり人を近づかせないようn
フロイド・リーチ
フロイド・リーチ
金魚ちゃんみーっけ
you
you

寮長さんの後ろにとてつもなく背の高い人がいた。

垂れ目で身長が大きくて、なんだか威圧感のある人………
リドル・ローズハート
リドル・ローズハート
あーもう!フロイド!離れてくれないか!
フロイド・リーチ
フロイド・リーチ
やーだねー
ジェイド・リーチ
ジェイド・リーチ
こらフロイド、
アズール・アーシェングロット
アズール・アーシェングロット
全く、目を離したらすぐにいなくなるんだから

後ろからやってきたのはもうひとりの背の高い人と眼鏡の人。

なんだろう、このお母さんみたいな感じ。

ジェイド・リーチ
ジェイド・リーチ
おや?この方は確か……
アズール・アーシェングロット
アズール・アーシェングロット
学園長の隠し子でしたっけ?
フロイド・リーチ
フロイド・リーチ
え、このちぃせーのが?
you
you
ビクビク

身長が高い人となんだか威圧感のある人に詰め寄られて僕は身動きが取れなかった。

リドル・ローズハート
リドル・ローズハート
恥ずかしがり屋なんだ、丁重にね
ジェイド・リーチ
ジェイド・リーチ
あなた、キノコは好きですか?
you
you
き、キノコ?
ジェイド・リーチ
ジェイド・リーチ
はい、
you
you
き、キノコ……好きです
ジェイド・リーチ
ジェイド・リーチ
!…ぜひオクタヴィネル寮へ遊びに来てください
you
you
は、はい
アズール・アーシェングロット
アズール・アーシェングロット
全く、行きますよ
フロイド・リーチ
フロイド・リーチ
待って、………はい、あげる
you
you
なんですか、これ
フロイド・リーチ
フロイド・リーチ
俺のマジカメのやつ。
友達なろ、
you
you
!……はい!
アズール・アーシェングロット
アズール・アーシェングロット
フロイド………僕のも渡しておきます。
you
you
ありがとうございます

そしてその3人は去っていった。

僕の手に3人分のマジカメのアドレスを残して。

ケイト・ダイヤモンド
ケイト・ダイヤモンド
人気者だねー!
トレイ・クローバー
トレイ・クローバー
なんかあったら、言いに来いよ
デュース・スペード
デュース・スペード
アドレスわかるのか?
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
あなた嬉しそう……
リドル・ローズハート
リドル・ローズハート
オクタヴィネル寮は気をつけなよ、
you
you
は、はい


お父さん、ここにもなんだかお父さんみたいな人がたくさんいます。


_________________________________________________________________



あー、何を書こうとしているのかが行方不明です。

誰か連れてきて、←自分でやれ


バイバイ!