無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
398
2021/06/13

第1話

拾われる子

その日は雨だった。
ディア・クロウリー
ディア・クロウリー
ジメジメしますねぇー

一人の男が道を歩いていた。



 
そして、校門の前に見つけた。
you
you
う、ぁ、
ディア・クロウリー
ディア・クロウリー
?声ですかね、
you
you
あ、ぁ、
ディア・クロウリー
ディア・クロウリー
子ども…!

そこにいたのはまだ赤子とも言ってもいいほどの小さい男の子だった。
you
you
う、(泣)
ディア・クロウリー
ディア・クロウリー
あぁあぁ!泣かないで!
you
you
うわぁ(泣)

そして、その男は男の子を家で育てた。

ディア・クロウリー
ディア・クロウリー
あなたー、
you
you
ん?
ディア・クロウリー
ディア・クロウリー
高校に行きませんか?
you
you
俺こんな見た目なのに行けるの?
ディア・クロウリー
ディア・クロウリー
なんとかしましょう!
you
you
ほんとに?
ディア・クロウリー
ディア・クロウリー
はい!
you
you
でも俺、狐が、
ディア・クロウリー
ディア・クロウリー
大丈夫ですよ、
you
you
………うん

その男の子は狐。


you
you
………
ディア・クロウリー
ディア・クロウリー
尻尾の毛、手入れはしてるんですか?
you
you
うん、
ディア・クロウリー
ディア・クロウリー
じゃあもっと丁寧にしましょうね
you
you
はい、

狐の男の子と、ナイトレイブンカレッジの学園長。 


学園長はナイトレイブンカレッジに男の子を入学させた。

もちろん、馬車も迎えに来た。

ディア・クロウリー
ディア・クロウリー
それでは、よろしくお願いしますね、あなたくん
you
you
はい、学園長。




ーーこれは、狐の男の子とその友達の物語ーー




_________________________________________________________________



新作です!


見てみてください!

バイバイ!