第34話

30話 雷雨の中君を待つ
2,077
2021/07/19 21:09
 んーー…ここは…?


 目を覚ませば、知らない部屋


 しかも豪華な…ムクッと起き上がると


 部屋にはベット、化粧台、ソファ、まぁ


 いかにも物語に出てきそうな貴族のお部屋みたい


 さて、困るな手拘束されてんな


 記憶はある、窓から外を見ようか


 …な、何もない。雷と雨が降り続けるだけ


      ガチャ
カナタ
カナタ
ビクッ
夏油
おや、目が覚めたのかい
カナタ
カナタ
ジリジリこの手錠、呪具でしょ呪力が封じられるし馬鹿力でもぶっ壊せない
夏油
気づいたんだね。正解だよさすがだね
カナタ
カナタ
それでなんなのよアンタ

























何もしない様に笑いながら特級呪具『記憶巡りのオルゴール』の鍵持って何してんのよ
 コイツ、記憶巡りのオルゴールまで持ってるとは


 記憶巡りのオルゴールは風凛のお手製


 オルゴールを流して対象の記憶をオルゴールの箱


 に閉じ込める。鍵を閉めてその鍵を潰すなり


 なんなりすればもう記憶は戻らない仕様


 …って事は!!
 『ポロロンポロロンポンポロロロンポポロン』
カナタ
カナタ
クソガキ…←
 頭痛い!不味い…気付くのが遅すぎた!


 鍵見た途端に判断すべきだった…


 
カナタ
カナタ
はぁはぁ…
夏油
もしかして呼吸で耐えてるのかな?
 その途端、夏油(仮)さんが


 ベットに押し倒してきた。
作者 
作者 
※R18っけのあるものは出しません←中学生
 next⇨31話 オルゴール

プリ小説オーディオドラマ