無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

助けて…
あなた

))…もうシルクなんて知らない

マサイ
痛っ
あなた

あっ、すいません!ってマサイ!?

マサイ
あなたじゃんwそんなに急いでどうした?
あなた

…シルクとケンカした

マサイ
え!?なんで!?
あなた

ここだと迷惑になるからさ、マサイの家一旦行ってもいい?

マサイ
いいけど…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

はぎ🐟
はぎ🐟
ウオタミです モトキ推し 基本、フィッシャーズの小説です 応援してくれると嬉しいです だいたい自分の作品が☆10になったら新作出すようにしてます(完結になってからの作品のみ) フォロー返します
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る