無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

りょうが×みなと きよはる×こた
やっほー!小太郎です!突然だけど、僕はきよと、みなとはりょうが、さっちゃんは市川くんと付き合ってるんだ!
あのね、早速話に入るんだけど、実は昨日ちょっと色々あってさ……。
これからみんなが見るのは昨日の僕たちのお話です!











こたろう
こたろう
みなとー!コンビニ行こー!
みなと
みなと
コンビニ?ええで〜
こたろう
こたろう
よっしゃ!じゃあ行ってきまーす!
みなと
みなと
行ってきまーす!
りょうが
りょうが
行ってらっしゃーい!
(みなとたちコンビニ行くんだ、買うもんあるし俺も後で行こ)
きよはる
きよはる
行ってらっしゃい


ガチャ……バタンッ
りょうが
りょうが
ねぇきよちゃん、俺らも後でコンビニ行かない?
きよはる
きよはる
別にええで〜








こたみなside
みなと
みなと
何買うん?
こたろう
こたろう
えっとぉコーラとポテチとじゃがりこと〜あとね〜
みなと
みなと
そんなに買うん?w
こたろう
こたろう
全部きよと食べるからね!
みなと
みなと
あーね?俺もりょうがになんか買ってこーかな
こたろう
こたろう
いいじゃん!
こたろう
こたろう
じゃあさじゃあさ!4人でお菓子パーティーやらない?( ˶ˆ꒳ˆ˵ )
みなと
みなと
いいやん!もう夜の9時やけどww
こたろう
こたろう
太んで?って絶対きよ言うw
みなと
みなと
言いそうw
みなと
みなと
りょうがはやったー!食べよ!って喜んで言うと思うw
こたろう
こたろう
分かる分かるww
こたろう
こたろう
あっ、そんなこと言ってたらコンビニ着いたw
みなと
みなと
ほんまやw












2人は買い物を終え、帰路につく
こたろう
こたろう
ちょっと買いすぎちゃったw
みなと
みなと
コンビニで3000円超えるなんて思っとらんかったわw
こたろう
こたろう
それな?w

トントン

2人組の男)ねぇねぇお2人さん
みなと
みなと
みなと
みなと
はい?

ガバッ!!!
こたろう
こたろう
ん!!!
みなと
みなと
ん!!!


2人が振り向くと、その瞬間
何者かが白いハンカチで2人の鼻と口を覆う





それは、とても、とても甘い匂いがした





2人はその匂いを嗅いだ途端
足腰に力が入らなくなり
意識を失ってしまったー









ー1時間程経った頃だろうか

2人は、人気のない薄暗い裏路地で
愛しの彼氏が自分の名前を呼ぶ、
大きな声で目を覚ました







りょうが
りょうが
………と………なと!…みなと!
みなと
みなと
………………ン……
きよはる
きよはる
こた!?こた!!!!!
こたろう
こたろう
……………ン………………
りょうが
りょうが
良かった………目覚ました……
きよはる
きよはる
こんなカッコして…何があったん!?


そう言う清春の言葉を聞き、
目線を自分の体に落とす

みなと
みなと
!?!?
こたろう
こたろう
!?!?


2人とも、息を飲んで驚いた







上の洋服は捲れあがり
下のズボンと下着は脱がされ




辺りには白濁液が散乱し
2人の肌には数え切れないほどの赤い印が付いていた



腰は痛く、身動きが取れなかった





りょうが
りょうが
あんまりにも帰ってこないもんだから見に来たけど………まさかこんなことになってるなんて………
きよはる
きよはる
……………………………………

清春は言葉も出なかった
りょうが
りょうが
何があったか……話せる?
みなと
みなと
…………………………(あんな!)
みなと
みなと
……(え、?)…
りょうが
りょうが
みなと?
こたろう
こたろう
(僕たち知らない人に!)
こたろう
こたろう
…(え………)
みなと
みなと
(こた!!!)
こたろう
こたろう
(みなと!)
2人は驚いた顔でお互いを見合う
きよはる
きよはる
………2人とも?…
りょうが
りょうが
もしかして…………
きよはる
きよはる
……………しゃべれへんの……?
みなと
みなと
………コクン……
りょうが
りょうが
!!!
きよはる
きよはる
!!!
りょうが
りょうが
…きよちゃん…とりあえず、家戻ろ……
きよはる
きよはる
…………そ…そやな……



2人は小太郎と三波斗に服を着せ
肩を担ぎながら家に戻った


その間、小太郎と三波斗は
恐怖と不安と痛みでずっと泣いていた








9bic House


市川とさつきは
仕事で家にいなかった


リビングのソファーに
自分だけでは立っていられない2人を座らせる


涼雅はいつも企画で使っている
ホワイトボードとペンを持ってきた


りょうが
りょうが
何があったか…ここに書ける……?
みなと
みなと
………コクン…
…カキカキ……

「買い物の帰り道に知らん男2人に声かけられてん」
きよはる
きよはる
うん…それで……?
…カキカキ……

「振り向いたらハンカチで鼻と口塞がれて、俺ら2人とも甘い匂い吸い込んでん」

「そしたらなんか足に力入らんへんくなって……そこから何にも覚えてへんねん」
りょうが
りょうが
で、俺らが見つけたのか……
みなと
みなと
………コクン…

…カキカキ……

「涼雅、見つけてくれてありがとう。ごめんなさい」
りょうが
りょうが
みなと…………

ギュッ
りょうが
りょうが
みなとは何にも悪くない!
りょうが
りょうが
もう大丈夫だから……
みなと
みなと
……………グスッ…グスッ……

強く、強く、抱きしめられ感じたのは
涼雅の声、涼雅の体温、涼雅の匂い、
全部全部三波斗の大好きなものだった

それを一気に感じ、安心したのか
三波斗はまた泣き出してしまった






小太郎side
こたろう
こたろう
……………………………
きよはる
きよはる
…………こた?
こたろう
こたろう
………………
…カキカキ……

「きよ、僕もごめんなさい」

「もう僕、汚れちゃった。
こんな僕、彼女失格だ」




「きよ、別れよ?」
きよはる
きよはる
!!!!!
きよはる
きよはる
何言ってるん?!
こたろう
こたろう
……………………
きよはる
きよはる
こた!!!
こたろう
こたろう
…ビクッ………
きよはる
きよはる
…あ……ごめん…………
…カキカキ……

「じゃあね、」
きよはる
きよはる
…え、ちょっと待ってや!!!
グイッ!!!

ギュッ…

清春は力強く小太郎を抱きしめた
きよはる
きよはる
…まだ立てへんやろ……無理すんな…
きよはる
きよはる
なぁこた、
もうこたは…俺の事嫌いなん……?
こたろう
こたろう
…………グスッ…グスッ……
小太郎は泣きながら、
弱い力で清春の背中をポカポカと殴る

…カキカキ……

「…嫌いなわけ、ないじゃんか……」
きよはる
きよはる
なら、俺から離れんなや………
…カキカキ……

「ごめんね、」
こたろう
こたろう
…グスッグスッ………グスンッ…
きよはる
きよはる
もう泣くな…大丈夫やから……
こたのかわいい顔…台無しやで?
そう言いながら優しく微笑む清春の目には
うっすら涙が浮かんでいた

小太郎は自分の目から溢れる涙を拭いながら
心の底から清春の事が大好きなのだと、改めて感じた







三波斗side

グイッ

三波斗が涼雅の胸板を押し、離れる
りょうが
りょうが
ん?どうした?

…カキカキ……

「涼雅」

「俺を…涼雅のものにして?」

りょうが
りょうが
もうみなとは俺のものだよ?
…カキカキ……

「じゃあ………上書き」

「もう1回、涼雅のものにして」


三波斗はそう書きながら
不安そうな目で涼雅を見つめる
りょうが
りょうが
でも腰痛いんじゃ……
グイッ!

…チュッ………
りょうが
りょうが
!!!
…カキカキ……

「涼雅、お願い」

「俺を抱いて………?」
りょうが
りょうが
………分かった、部屋行こ?
みなと
みなと
……コクン……
りょうが
りょうが
じゃあきよちゃん、俺ら行くね?
きよはる
きよはる
おう、俺も小太郎連れて部屋行くわ
きよはる
きよはる
…小太郎、行くで?
こたろう
こたろう
……………コクン………




涼雅、三波斗side

涼雅room

まだ足元の覚束ない
三波斗を支えながら
優しくベットに座らせる
りょうが
りょうが
みなと
りょうが
りょうが
怖かったよね、
直ぐに助けに行けなくてごめん
そう言いながら優しく三波斗の頭を撫でる
みなと
みなと
………フリ(。>﹏<。)フリ……
みなと
みなと
…………ぅがは悪ない!!!
りょうが
りょうが
!!!
みなと
みなと
あっ!声!
りょうが
りょうが
嗅いだ薬の効果が切れたのか…
りょうが
りょうが
良かった…………………
みなと
みなと
りょうが、りょうがのせいやないから!
りょうが
りょうが
でも、
みなと
みなと
でもやない!
今日のことはあの男たちが悪いねん!
絶対絶対自分のせいって思わんといて!
りょうが
りょうが
……ん、ごめん、ありがとみなと
りょうが
りょうが
でもそれはみなとも同じだからね?
みなと
みなと
うん、
お互い見つめ合い
優しく触れるだけのキスをする
みなと
みなと
ん…りょうが……
りょうが
りょうが
みなと、大好きだよ
みなと
みなと
俺も、俺もりょうが大好き

涼雅は三波斗の服を捲り
舌を這わせる

男が付けた赤い印に上書きをしていく
りょうが
りょうが
…チュウ……
みなと
みなと
んぁッ…
りょうが
りょうが
これで大丈夫
みなと
みなと
りょうが、もっと……
りょうが
りょうが
うん、でも今日は優しくしないとね
みなと
みなと
うん、ありがと…

涼雅は引き出しから
小さなビニールの袋を取り出す


その袋を破り中身を取り出すと
自身のモノに被せた
みなと
みなと
…りょうが……ゴム…せんくていい……
りょうが
りょうが
え、でも……
みなと
みなと
涼雅の全部がほしいねん……
りょうが
りょうが
…分かった……痛かったら言ってね…?
みなと
みなと
…コクン……
りょうが
りょうが
じゃあ入れるね、
みなと
みなと
うん、早くきて…

ズプププ………
みなと
みなと
んあぁッ!!!
りょうが
りょうが
ンッ…そんな、締めないで……
みなと
みなと
りょうがぁ…あっきもちい……ッ
快楽のあまり三波斗は涼雅にしがみつく

そんな三波斗を抱きしめながらも
しっかりと愛していく
りょうが
りょうが
ん、もうちょっと……
ズププ……ズプンッ!
みなと
みなと
あぁんッ((ビクビクッ
りょうが
りょうが
ッ……イっちゃった?
みなと
みなと
…ハァハァ…ハァ……りょぉが…ハァハァ…
みなと
みなと
…ハァハァ…ンッ動いて………?
りょうが
りょうが
ん、じゃあ動くね…

…パチュン……パチュ…バチュン……

優しくゆっくり動くと
部屋に水音が響く
みなと
みなと
んぁッ……んッンッ…あァッ……うんンッ
りょうが
りょうが
…みなとかわいい………
みなと
みなと
あッ…りょうがすきッ…すきンッ……
りょうが
りょうが
…俺もだよ……みなと…
みなと
みなと
んあンッ……もぉっむりッ……ンッあッ
りょうが
りょうが
イきそう……?
みなと
みなと
ンッ…うんっ……イきそ…うッ
りょうが
りょうが
イっていいよ……

涼雅は動きを速める
みなと
みなと
んぁっあッ…あッイくぅッ!!!((ビクビクッ
りょうが
りょうが
俺も……

涼雅が三波斗のナカから
自身を抜こうとすると
三波斗は抱きつく力を強めた
みなと
みなと
ん、ハァハァ……抜かんで……
りょうが
りょうが
でも、
みなと
みなと
いいからぁ…ナカに出して……
りょうが
りょうが
分かった、
りょうが
りょうが
んッ………((ビクビクッ
みなと
みなと
あぁッ…ンッ……
みなと
みなと
りょうが、ありがとう、大好きやで
三波斗はそう言いながら
ふにゃぁっとした笑顔で涼雅を見つめる
りょうが
りょうが
…その笑顔は反則でしょ………///
りょうが
りょうが
もう、俺のだから
りょうが
りょうが
二度と離れんなよ?
みなと
みなと
当たり前やん……
りょうがが嫌って言っても離れてやんないから
りょうが
りょうが
みなと、愛してるよ………
みなと
みなと
俺も……

2人はそっとキスをし
手を繋ぎながら深い眠りに落ちて行ったー














清春、小太郎side

小太郎room

小太郎もまた、清春に支えられ部屋に戻ってきた
きよはる
きよはる
こたろう、まだ腰、痛いか?
こたろう
こたろう
……コクン………
きよはる
きよはる
そっか、
ギュッ……
きよはる
きよはる
ごめんな、こんな思いさせて…
こたろう
こたろう
フリ(>_<)フリ
こたろう
こたろう
……………よ…大好き……
きよはる
きよはる
え…今なんて………
こたろう
こたろう
きよ、大好き
きよはる
きよはる
声、戻ったん!?
こたろう
こたろう
そうみたい、
きよはる
きよはる
ほんまに!?
こたろう
こたろう
うん
きよはる
きよはる
良かった……
清春は抱きしめる手に一層力を込めた
こたろう
こたろう
きよ、大好きだよ
きよはる
きよはる
俺も、大好きやで
こたろう
こたろう
僕の体…汚れちゃったけどさ、
また……、愛してくれる?
きよはる
きよはる
汚れてなんかない!
こたはいつでも綺麗やで…?
こたろう
こたろう
きよ……
きよはる
きよはる
ふふ( ˶ˆ꒳ˆ˵ )
また泣きそうな顔してんで?
こたろう
こたろう
し、してないもん…
きよはる
きよはる
はいはい( ˶ˆ꒳ˆ˵ )
小太郎の頭を撫で
清春は優しく微笑んだ


グイッ…

そんな清春の胸板を軽く押し離れる
きよはる
きよはる
ん?
こたろう
こたろう
ねぇきよ、シよ……?
こたろう
こたろう
僕、きよに愛されたい
きよはる
きよはる
もう、愛してるやん
こたろう
こたろう
お願い、直接…きよを感じたいの……!
きよはる
きよはる
そっか、分かった
2人はお互いを見つめ合う



これが、いつもの開始の合図




お互いに優しくキスをし
もう一度抱きしめ合う
こたろう
こたろう
きよ、大好き
きよはる
きよはる
うん、分かったって、何度も言わんでええよ
こたろう
こたろう
僕が言いたいの
きよはる
きよはる
はいはい、嬉しいけど、
照れるから程々にしてや?
こたろう
こたろう
じゃあもっと言う
きよはる
きよはる
おいw
こたろう
こたろう
きよ、愛してるよ
きよはる
きよはる
ん、俺も
こたろう
こたろう
ちゃんと言って
きよはる
きよはる
ほんと、甘えたさんやな( ˶ˆ꒳ˆ˵ )
こたろう
こたろう
甘えたさんじゃないもん
そう言って膨れる
小太郎の頬を手で挟みながら
清春はいつもの優しい笑顔を向ける
きよはる
きよはる
愛してんで、こた

チュ……
こたろう
こたろう
ん、
きよはる
きよはる
あいつらに触られたとこ、
全部全部俺が消毒しやんとな
こたろう
こたろう
うん、優しくしてね…?
きよはる
きよはる
当たり前やで、俺のお姫様
こたろう
こたろう
お姫様、じゃない…
こたろう
こたろう
きよのこたろう、でしょ?
きよはる
きよはる
はいはい、こたろう
きよはる
きよはる
…チュウ……チュッチュウ……
こたろう
こたろう
ん、……チュ……チュウ……チュ…
きよはる
きよはる
こた、口開けや…
こたろう
こたろう
きよはる
きよはる
チュウ……レロレロ…チュ……チュッ…
こたろう
こたろう
んン…チュ……レロレロ…ン…ハァ……チュウ…
きよはる
きよはる
チュウ………((離
こたろう
こたろう
…ハァハァハァ…んハァ………
清春は、
息を肩で整え、目を潤ませている小太郎を
酷く愛おしく思った
こたろう
こたろう
きよはる…きて……?
きよはる
きよはる
…名前呼びは反則ですこたろうさん…///
こたろう
こたろう
きよはる、はやく……///
きよはる
きよはる
はいはい///
(ダメだこりゃ///)
きよはる
きよはる
じゃあ入れんで……?
こたろう
こたろう
うん、
きよはる
きよはる
痛かったら言うんやで?
こたろう
こたろう
ん、分かってるから…
ズププププ………
こたろう
こたろう
んぁッはいってきたぁンッ
きよはる
きよはる
こた、ちゃんと呼吸しや、
こたろう
こたろう
フーフー…ハァ…あっんンッん…
ズズズ………ズプンッ!
こたろう
こたろう
はぁッんんンッ!ハァハァ………
こたろう
こたろう
…ハァハァ……きよのおっきすぎ……
きよはる
きよはる
ナカ、きっつい……
こたろう
こたろう
…ハァハァ…きよ動いていいよ、…
きよはる
きよはる
ん、分かった…

…パチュン…パチュ……ズチュン……


2人は抱き合ったまま、
ゆっくり愛し合う
こたろう
こたろう
んぁッんん…あっッンッんっあッ
きよはる
きよはる
んッ…痛くないか…?
こたろう
こたろう
…だい、じょぶ…んっあっッ

ズチュ…ズチュン……ズチュン…

ゆっくり、ゆっくり、
小太郎の奥を責め立てる
こたろう
こたろう
んやぁッおくっおくンッやぁッ
きよはる
きよはる
ん、嫌やないやろ?こたのナカ、きゅんきゅん締め付けてきてるやん
こたろう
こたろう
うんッ、あッきもち…いよ、んぁッ
こたろう
こたろう
んっもぉあッイきそ、んッ
きよはる
きよはる
ん、イってええで…
こたろう
こたろう
んぁッイくぅッ…あっんんンッ!!!((ビクビクッ
こたろう
こたろう
ハァハァハァハァ……ハァハァ………
きよはる
きよはる
ん、俺も…
きよはる
きよはる
んッ………((ビクビクッ
こたろう
こたろう
あぁッ
きよはる
きよはる
ごめん、出してもうた…
こたろう
こたろう
ううん、大丈夫………
きよの…あったかい……///
きよはる
きよはる
恥ずいこと言うなや…///

ギュッ……
きよはる
きよはる
こたろう、
これからも、俺の傍におってや
こたろう
こたろう
ん、そんなの当たり前じゃん…
こたろう
こたろう
きよこそ、僕のことちゃんと守ってくれないと許さないから
きよはる
きよはる
うん、今度こそちゃんと守るから
こたろう
こたろう
きよ、もう1回言うね?
きよはる
きよはる
ん?
こたろう
こたろう
大好き、愛してる
きよはる
きよはる
ありがとなこたろう…
きよはる
きよはる
俺も愛してるで

2人はお互いに愛を確認し合い
静かにそっとキスをしたー

























翌日……
りょうが
りょうが
( ̄□ヾ)ファ~眠い……
りょうが
りょうが
あ、きよちゃん
きよはる
きよはる
お、りょうが、おはよ
りょうが
りょうが
こたも声治った?
きよはる
きよはる
戻ったで!
こた"も"ってことはみなとも大丈夫そうやな
りょうが
りょうが
うん、みなとも戻った
きよはる
きよはる
そっか、良かった
りょうが
りょうが
お互いさ、もう目離しちゃダメだね
きよはる
きよはる
そうやな
きよはる
きよはる
しばらくは俺と一緒の時以外出かけさせへん
りょうが
りょうが
うん、俺もそうしようと思ってた
きよはる
きよはる
やっぱり?w
りょうが
りょうが
うんw
りょうが
りょうが
あ、あと俺みなとのスマホにGPS付けた
きよはる
きよはる
え!?まじかww
りょうが
りょうが
こたにも付けとこうか?
きよはる
きよはる
じゃあお願いするわw
りょうが
りょうが
おけw
きよはる
きよはる
りょうが、俺が大阪おる時、こたのこと頼んでもええか?
りょうが
りょうが
うんいいよ!任せて!
きよはる
きよはる
ありがとう
きよはる
きよはる
よし、じゃあそろそろ部屋戻るわ
きよはる
きよはる
俺の彼女、寂しがりやなもんでw
りょうが
りょうが
あーね?w
俺の彼女もだわw
きよはる
きよはる
じゃあ戻ってあげや?そろそろ起きる頃やろうし
りょうが
りょうが
うんそうだね
りょうが
りょうが
じゃあまた後でね!
きよはる
きよはる
ん、またな〜





















•*¨*•.¸¸•*¨*•.¸¸•*¨*•.¸¸•*¨*•.¸¸•*¨*•.¸¸•*¨*•.¸¸•*¨*•.¸¸•*¨*•.¸¸•*¨






枝里(@CV.six♥️) 様
からのリクエストです!
他の方も同じようなお話を書いていたので、お話が被らないように書いてみました!

今回は切ないけれど、お互いに愛し合う2組を書かせてもらったのですが、毎度ながらとっても楽しかったです(*ˊ˘ˋ*)♡

随時リクエスト募集中です!


余談
HeroのMV最高すぎました……

そして!
なんとなんと!皆さんのおかげで総視聴回数1万回を超えました!!!
そして、第4話の視聴回数が1000回を超えました!

本当にありがとうございます!

まさか書き始めて1ヶ月ちょっとで、こんなに皆さんに見てもらえるなんて思っていなかったので、本当に本当に嬉しいです(。>ω<。)

そしてコメントをくれる方も増えてきて、
毎回お話を出す度、皆さんとおしゃべりが出来て楽しいです!

是非これからもたくさんおしゃべりしてください(*ˊ˘ˋ*)♡



これからも頑張って皆さんが
きゅんきゅんニヤニヤ出来るお話を書いていくので、
是非お付き合い頂けると嬉しいです!

しつこい様ですが、本当にありがとうございます!
皆さんのことが大好きです!( ˶ˆ꒳ˆ˵ )