無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

“ か ”

あなた






『 神 さ ん お 風 呂 は ー ? 』



神 「 一 緒 入 る ? 」



『 い や だ ー 。 』



神 「 い つ も 入 っ て く れ な い よ ね 、 」



『 勇 太 と 一 緒 は ね え 無 理 だ わ 。 』



神 「 ち ょ っ と 酷 く な い ? 」



『 ふ ふ 、 ご め ん 嘘 。 』



神 「 え 、 、 ? 」



『 一 緒 入 ろ ? 』



神 「 い や 、 そ れ は 嬉 し い ん だ け ど い つ も 入 り た く な い っ て の は 嘘 だ っ た の ? 」



『 う ん 、 お 風 呂 の 時 間 く ら い ゆ っ く り し た い か な っ て 。 』



チ ュ ッ



神 「 俺 は ず っ と 一 緒 に い た い よ ? 」



『 あ 、 国 民 的 彼 氏 感 出 し て る 笑 』



神 「 国 民 的 彼 氏 じ ゃ な い も ん ね ? あなた の 彼 氏 だ も ん ね 。 」



『 さ ら っ と ち ょ っ と か っ こ い い 事 言 う の や め て よ 笑 』




な ん だ こ の 会 話 は 。笑