無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

🍓No.22🍓
プルルルルルル
私は今、山田涼介に電話をかけている
どうしてこうなったかって?
それはね…
喜田 聖馬
『未来の花嫁』ってなんだ?
喜田くんにそう聞かれた
私は最初は
あなた

き、聞き間違いじゃないかな~?

と誤魔化していたのに、夏帆が
長岡 夏帆
山田涼介っていう有名人の未来の花嫁だよね!!
なんてことを言うもんだから、誤魔化しようが無くなった
喜田くんは
喜田 聖馬
山田涼介…?ふーん。俺、そいつと話したい。
と言った
それに対して夏帆が『あなた、電話番号知ってるでしょ?』と聞いてきた
未来の花嫁と言われるぐらいだから、当然電話番号を持っていると思われた
持ってるんだけど…ね?
どんな展開になるのか内心ビクビクしている
プルルルルルル…ガチャッ
あなた

でたよ(コソッ

コッソリと二人に言う
山田涼介
もしもし?あなた、どうした?
あなた

いや、あのね、今って大丈夫?

山田涼介
あぁ、何かあったのか?
あなた

実は、友達に話したいって人がいt

『友達に話したい人がいて』
又もや喜田くんに鞄のとき同様、スマホが取られた
あなた

ちょ!

喜田 聖馬
もしもし、山田涼介さんですか?
喜田くんはそのまま勝手に電話にでた
二人は何の話をしているか分からないが、夏帆を見ると、ずっとニヤニヤして喜田くんを見ていた
喜田 聖馬
ただの友達ですけど?転校生です。
喜田くんは〝ただの〟の部分を強調している
喜田 聖馬
俺の名前は喜田 聖馬です。キセという名前で音楽活動をしています。
簡単に有名人だということを話した
まぁ、山田涼介も有名人だしね
喜田 聖馬
あなたが『未来の花嫁』ってどういう事ですか?
うわぁぁぁぁぁ!それ、本人の前で聞く!?
やめてー!
喜田 聖馬
何であなたなんですか?
喜田 聖馬
て、は?いや、ちょ、まっ!
夏帆は何かを察したかのように私のスマホを喜田くんから奪い取った
長岡 夏帆
あ、もしもし、お電話かわりました!
あなたの親友の長岡 夏帆で~す!
あなた

え、ちょ、夏帆!?

喜田 聖馬
おい、
喜田くんが夏帆から取ろうとするも、サッと喜田くんをかわした
長岡 夏帆
あ~はいはい!分かりました!
あなたに伝えときますね!
ん?私に何を?
長岡 夏帆
今すぐにあなたをむかわせるんで!
喜田くんの事は任せてください!
山田涼介の声はボソボソとしか聞こえない
長岡 夏帆
では、さようなら~!
夏帆は電話を切った
そして、私にスマホを返してこう言った
長岡 夏帆
今すぐ校門にLet's go!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

coolstrawberry
coolstrawberry
*山田涼介 ヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ たとえ別々の道を歩んでたとしても僕らは繋がっていて 同時投稿のため投稿が遅くなりますが、ご了承ください
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る