無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

🍓No.25🍓
カラオケにつくと山田涼介は私の分の飲み物も注文してくれた
あなた

なんの歌を歌ってくれるんですか?

私はカラオケについて山田涼介に聞いた
出来れば…さっきの歌がいいな
山田涼介
3月14日~時計
山田涼介はそう言うと、タンタンタンとタブレットを使った
そして送信!と言うとマイクを手にして立った
山田涼介
今日は特別にあなただけに歌うから聞いとけな?
山田涼介はサビの部分までも丁寧に歌った
私の好きな歌詞をそれよりもっと丁寧に心を込めて歌ってくれた
あぁ…やっぱり生は違うな!
あなた

すごーい!!!

素直にそう思って山田涼介に拍手をした
山田涼介
ん
山田涼介は私にマイクを突き出した
あなた

…え?

山田涼介
つぎ、あなたの番
もしかして…交代制ですか!?
あなた

そんな、歌手のあとに歌うとか無理ですよ!

山田涼介
別に、何でもいいから歌えよ
私は仕方なく曲を検索して送信した
画面に映し出された曲名
それは
山田涼介
え、これ歌うの?
『Very Very Happy』
これは最初の歌詞が好き
これも、誰の歌かな…?
私は曲名の隣にかいてある歌手を見ると
あなた

え、〝Hey! Say! JUMP〟!?

これまた驚き
私は知らぬ間に山田涼介の歌を聞いてた事になる
私はそんな事を頭から追い出して思い切り歌った
カラオケは…案外楽しく終わった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

coolstrawberry
coolstrawberry
*山田涼介 ヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ たとえ別々の道を歩んでたとしても僕らは繋がっていて 同時投稿のため投稿が遅くなりますが、ご了承ください
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る