無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

🍓No.30🍓
急に山田涼介は黙った
あなた

え、あの、どうしたんですか?

私の言葉、間違ってないよね?
山田涼介
その事で…
お、急に喋った!笑
その事で?
山田涼介
俺の事、一人の男として愛せないのか?
あなた

…はっ!?

突然、どうしたのか…全くの謎
『愛せないのか?』ってまるで愛して欲しいと言ってるもんじゃん
あなた

さっき言いたいことがあるって…

確かにさっき、言いたい事があると言われたけど
もしかしてこの事なのかな?
山田涼介
あぁ、これを聞きたかったんだ
そして俺が言いたい事は…
私は耳を疑った
まさか山田涼介が
山田涼介
あなたが好きだ
私を好きだなんて

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

coolstrawberry
coolstrawberry
*山田涼介 ヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ たとえ別々の道を歩んでたとしても僕らは繋がっていて 同時投稿のため投稿が遅くなりますが、ご了承ください
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る