無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🍓No.3🍓
明日からの生活はどうなるんだ!っと思っていたが、何も変わらない
しいて言うなら、夏帆が前髪を切ったことくらい
長岡 夏帆
この前髪、どう思う?マジであの店員許さない!
どうしてこんなにも夏帆が怒っているのかというと
前髪をカットするために、千円カットにいった
『前髪を眉毛ぐらいにして下さい』
そう言った夏帆のオーダーとは全く違い、眉毛の上…つまり、オン眉になってしまった
あなた

でも、夏帆はどんな髪でも似合うじゃん?
前髪も、お洒落として見たらとっても似合ってる!!

夏帆の美人顔には何でも似合う
長岡 夏帆
でもさ、もし私がクレラップみたいにしたら…似合うと思う?
私は夏帆とクレラップの子の髪の毛を合成させてイメージした
…やばい、めっちゃ似合わない!笑
あなた

ご、ごめん!似合わないね?笑

私は笑いながら夏帆に言った
長岡 夏帆
ちょ、どんな想像をしたのよ!
夏帆は少し怒っている
でもその怒りは冗談だと私も分かっていので面白い
それからは平穏にその日を終わらせようと私はしていた
まさか、ジャニーさんがこんな事をしてくるなんて思わずに…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

coolstrawberry
coolstrawberry
*山田涼介 ヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ たとえ別々の道を歩んでたとしても僕らは繋がっていて 同時投稿のため投稿が遅くなりますが、ご了承ください
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る