無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

🍓No.16🍓
放課後、私のスマホに知らない番号から電話がかかってきた
教室には私しかいない
他の人は帰ってしまい、夏帆は翔のクラスに用事があると言い、『待っててね!』と言われた
私は怖かったが、知り合いかも知らないと電車にでた
あなた

…もしもし?

??
もしもし?あなただろ?
あなた

…え、あの、どちら様ですか?

??
あぁ、俺?
山田涼介
山田涼介だけど?
私は一瞬叫びそうになった
何故かって?昨日の約束を思い出したから
この人、私服がヤンキーみたいで怖いからさ?
本当の性格もヤンキーじゃないか…と若干疑っているんだよね笑
あなた

あの、なぜ私の電話番号を知っているんですか?

私は流石に校長先生やジャニーさんには教えてないから、そっちじゃないと思う
あとは…翔かな?
山田涼介
あなたのお母さんから聞いた
あなた

へぇ、私のお母さんから…って、えっ!?

私のお母さん!?
予想外なところからきた
え?てことは、私のお母さんと山田涼介は…
山田涼介
あなたのお母さんとは、ご飯をご馳走になった時に連絡先を交換したんだ
やっぱり…交換してたんだ…
あなた

では、何の用ですか?

私は内心ビクビクしながら聞いた
でも…考えると私は怒られないよね?
一緒に行く!と言われた時に、私は返事しなかったからね
山田涼介
お前、昨日の夜に俺が言ったこと…覚えてるか?
電話越しでも声に凄い迫力がある
はい、覚えてます!
なんて、言えるわけがない
あなた

お、覚えてないです…

山田涼介
『明日の朝、迎えに行くからな!』
昨日と同じ言葉を山田涼介は言った
凄い…一言一句間違えていない笑
あなた

え、えーと…?

山田涼介
今日の朝、何時に家出た?
ひぃぃぃぃ!
一段と山田涼介の声が低くなり、迫力が増した
あなた

ろ、6時15分です

山田涼介
常識的に考えて、学校に行く時間か?
あなた

い、いいえ

電車越しで良かったと思う
直接言われたら、怖くて逃げてるよ!
山田涼介
今日のめざましテレビ…見たんだろ?
あなた

えっ?あ、はい、見ました!

確か…山田涼介が出てたきがする
そうだよ!それが生放送だから、今行けば会わなくて済むと思ったんだよ!
今思い出したわ笑
山田涼介
俺、その後の7時ぐらいに迎えに行ったら、あなたのお母さんが出てこう言ったんだ
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..
ピンポーン
俺はあなたの家のチャイムを押した
昨日もこの家に来たから場所は覚えていた

ガチャッ

出てきたのは、あなたのお母さんだった
お母さん
あら?山田涼介さんじゃない!
おはようございます
山田涼介
おはようございます!
俺はこれ以上ないほどのスマイルを繰り出したと思う
何でか、それは今からあなたと一緒に清華高校へ行くから
お母さん
こんなに早くから、どのような用事ですか?
山田涼介
実は、あなたと一緒に学校へ行く約束をしてまして…
しかしこの後俺は今までに無いほどの衝撃を受けた
お母さん
あら?あなたならもう学校に向かったわよ?
山田涼介
………!!
お母さん
ごめんなさいね!あの子、日直だったとかなんとか…
そ昨日そんな事を一言も言ってなかった
山田涼介
そうなんですか…
お母さん
あと、あの子はこんな言葉も言ってたわね
山田涼介
何て言ってましたか?
お母さん
めざましテレビを見ながら、『今行けば会わなくて良いんだよね!?』みたいな事を…
俺はもう、放心状態
めざましテレビにはさっきまで俺が出演していた
もしかして、それを見て〝今のうちだ!〟って学校に行ったのか?
そんなに俺と行きたくなかったのか?
山田涼介
あ、そうなんですか、ありがとうございました!
俺はお礼を言い、帰ろうとしたら、あなたのお母さんが俺に言った
お母さん
放課後にでも、電話をしてみたらいいんじゃないかしら?笑
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

coolstrawberry
coolstrawberry
*山田涼介 ヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ たとえ別々の道を歩んでたとしても僕らは繋がっていて 同時投稿のため投稿が遅くなりますが、ご了承ください
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る