プリ小説

第34話

💖💭
そしてついに遊園地に行く日
れん
れん
みほちゃーんって何どうしたの?そんなに隠れて
緋山美帆子
緋山美帆子
いや、ちょっと日差しが強いなぁーと思ってー笑
れん
れん
みほちゃん今日も可愛いね❤手つなご!
緋山美帆子
緋山美帆子
うん/////
その頃……
あなた

やっほーい
耕ちゃんはやく!たくさん乗り物乗らないと!

藍沢耕作
藍沢耕作
遊園地は逃げないから大丈夫だ
(かわいいな)
あなた

ねぇねぇ、あの人れんに似てない?

藍沢耕作
藍沢耕作
気のせいだろ
れん
れん
みほちゃん
緋山美帆子
緋山美帆子
な、なに?
れん
れん
あれあなたじゃね?まさかあの二人もきてんの?
緋山美帆子
緋山美帆子
いや、違うでしょいやー違うって
だってあなた今日買い物行くって言ってたよ💦
れん
れん
そっかーじゃあ人違いか
緋山美帆子
緋山美帆子
そうだね……
(ふー、よかった)
れん
れん
ねぇ、お化け屋敷入らない?
緋山美帆子
緋山美帆子
えっ、私怖いの無理むりむりむり
れん
れん
大丈夫!俺が守るから/////
緋山美帆子
緋山美帆子
わかった……

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

haruka🌼
haruka🌼
よろしくお願いします