無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

振り込め詐欺事件の犯人に強制レイプされる
あなた

【婦人警官の谷口有紀。非番の日に夜一人で寝ようとしていると、電話がかかってくる】

男
もしもし谷口さんのお宅ですか、こちら新宿警察署刑事二課です
有紀
有紀
はい谷口ですけど
男
実は違法薬物販売グループが逮捕されましてね、押収された顧客名簿の中に谷口さんの名前があったんです
あなた

【交通安全キャンペーンの話だとばかり思っていたが、どうも違うみたいだ】

有紀
有紀
はい
男
谷口さんのキャッシュカードが偽造されて悪用された恐れがありましてね
男
今お持ちの銀行の通帳とキャッシュカードをこちらで預からせて頂きますので、いっしょに暗証番号を教えていただきます
あなた

【有紀はすぐに電話の相手が特殊詐欺だと気が付いた】

あなた

【婦警の家に電話をしてくるなんて、まったくドジな話だ】

あなた

【このところ駐車違反の摘発の件数が少なかった有紀は、特殊詐欺の犯人を捕まえて手柄を立てようと思った】

有紀
有紀
判りました、今用意します
あなた

【ひとまず騙された振りをして相手の反応を確かめた】

男
これからすぐ金融庁の職員が取りに伺いますので渡して頂けますか
あなた

【有紀はやっぱり特殊詐欺だと確信した。本庁に電話して応援を呼ぼうかとも思ったが、相手は一人】

あなた

【応援を呼ばずに犯人を逮捕して手柄を独り占めしようと思った】

あなた

【しばらく待っていると背広を着た若い男が訪ねて来た】

男
こんにちは金融庁の者です
有紀
有紀
キャッシュカードはこれで全部です、暗証番号は全部同じで紙に書いて置きました
男
所で奥さん、旦那さんは御在宅ですか
有紀
有紀
旦那はいま出張中なんです
あなた

【有紀は独身だから旦那などいるはずないが、犯人を油断させるためにとっさに嘘をついた】

男
じゃあ、いま家には奥さん一人なんですか
有紀
有紀
はい、そうですけど
あなた

【犯人の男が油断した隙に逮捕しようと思って有紀は男の様子を伺った】

男
念のために部屋の中を見せて頂けますか、いや疑っている訳じゃないですけどあくまでも念の為です
有紀
有紀
はい、構いませんけど
あなた

【有紀はこれは都合がいい展開になったとほくそ笑んだ。部屋にあがって貰えば男に逃げる隙を与えずに済む】

あなた

【玄関で靴を脱いで部屋に男が上がると、有紀は居間と食堂を一通り案内した】

男
寝室はどちらですか、一応調べさせていただきます
有紀
有紀
こちらですけど
男
現金があるようでしたら、預からせて頂きます。銀行のATMからでたお金に偽札が混じっている可能性があるので調べる必要があるんです
あなた

【有紀はこれは都合がいいと思った、お金をだまし取ったとなれば罪が重くなる】

あなた

【引き出しにしまってあった30万を男に渡すと、男はお札を調べたあと鞄にしまった】

男
念の為引き出しは全部調べさせて頂きますよ
あなた

【男は最近有紀が通販で買ったお色気下着を取ると広げて確かめている】

あなた

【暴力団の内偵捜査のためにキャバクラに潜入するときに履こうと思って用意した真っ赤なスケスケのパンティーだ】

男
奥さん、随分色っぽい下着を履いてるんですね。最近下着泥棒が多いので証拠に持っていきますからね
あなた

【これで下着の窃盗の罪も加わるので騙された作戦は大成功だ】

あなた

【有紀は隠しておいた手錠を取り出すと男に向かって叫んだ】

有紀
有紀
私は婦人警官です。窃盗の現行犯で逮捕します
あなた

【有紀が男に手錠を掛けようとしたとき、男は素早い動きで有紀の腕を背中で捻りあげた】

あなた

【有紀は合気道初段だ。普通の男性を相手に負けるわけがない】

あなた

【犯人の男も格闘技の経験者だったらしい。応援を呼べばよかったと後悔したがもう遅すぎた】

有紀
有紀
離して下さい、人を呼びますよ
男
だまれ、たっぷりいい思いさせてやるぜ
あなた

【男は有紀を床に四つん這いにさせると、パンティ―を無理やり脱がした】

有紀
有紀
何をするんですか、逮捕しますよ
あなた

【男は有紀の口にパンティ―を押し込んで猿轡の代わりにした】

男
たっぷり可愛がってやるぜ
あなた

【男のオXンXンが有紀のオXXコに押し入れられてくる】

あなた

【有紀は思わず背中を仰け反らせた】

有紀
有紀
ううぅぅーー
あなた

【有紀の反応を確かめながら、男は腰をゆっくりと動かし始めた】

あなた

【男の逞しい鉄柱が有紀の奥までしっかりと届いてきた】

男
いいオXXコだぜ、よく締まって最高だぜ
あなた

【男は次第に動きを激しくして有紀を責めて来た】

あなた

【力強い男の動きに、有紀は眩暈がして気が遠くなった】

あなた

【永遠の闇が有紀の体を包み込むと、禁断の悦びが有紀の体を駆け巡った】