無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

Prolog
僕は、目立つのが嫌い。
だけど、親がお金持ちなんだ。
だから、
『おい、金貸せよ!』
とか、
『金持ちだからって自慢すんなよ!』
とか、そんな皮肉なことばっかり言われてた。
だから、僕は家出した。
親友の佳奈を連れて。
金を5億程度持ってね!
そしたら、高校生活に困らないからね!
僕は親の事は好きだった。
優しくて、面白いし、何より僕のことを大事にしてくれた。
でも、お金持ちっていう理由でいじめられている。
それが嫌で僕はあの家から逃げてきたんだ。
佳奈は元々僕の専属メイドで小さい頃から一緒にいたんだ。
しかも同い年。
そりゃあ仲良くなるよね!
だけど、佳奈の性格は僕とまるで正反対。
明るくて、みんなに声をかけて、優しいの。
僕は、暗くて、人見知りで、気が強い。
だから、佳奈は人気物。
僕のことを受け入れてくれる最高の友達。
でも、そんな佳奈のことを傷つけたやつの事、僕は許さない。絶対に!!