第9話

9
70
2021/03/27 03:06





結婚式当日





キレイな赤いドレスを身に纏ったあなた先輩





キレイな赤いタキシードを身に纏った太我





せっかくメイクしてもらって





ヘアセットもしてもらったのに





2人して号泣





お互いの頭をぐちゃぐちゃしあってる





達也
達也
結婚式まだ始まってもないのに
この有り様かよ‪w‪w‪w
太我
太我
だって…!!
(なまえ)
あなた
うぅ…





泣いてる2人を写真に収める達也くん





かわいいね





かっこいいね





それくらい言えたらいいのに





諦めようって、何度も思ったのに





ほんとだったら





キレイな黄色のドレスを身に纏ったあなた先輩





キレイな黄色のタキシードを身に纏った俺





こうなるはずだったのに





そんなこと言ってももう遅い





晴人
晴人
達也くん、行こ!
はじまっちゃう!
達也
達也
だな!がんばれよ!
太我
太我
ありがとう…!!
(なまえ)
あなた
がんばるよ…!!





ギリギリまで2人と話していた俺らは走って式場まで行った





歓声とともにあなた先輩とお父さんが歩いてきた





その先には太我





お父さん涙脆いのに…





めっちゃ我慢してんだな





誓いのキスなんてものは見たくなくて





目を逸らそうと思った





けど、これを見たら…





牧師
牧師
それでは…
牧師
牧師
新郎新婦の御友人、矢野晴人様
牧師
牧師
お願いいたします





スピーチと歌





全部たくさん練習した





達也くんにおかしくないか何度も確認してもらって





さっきもトイレに行った時声出しをした





晴人
晴人
えー、まず…
晴人
晴人
新郎、太我ですね
晴人
晴人
太我とは前のバンドのときから一緒にいて、良くも悪くも人に対して関心がなくて
晴人
晴人
でも、そんな太我が俺らの中の誰よりも先に結婚って思うと悲しいですね
晴人
晴人
家は汚いし、携帯の画面はボロボロだし、鉄棒でまわりすぎてお腹真っ赤っかになるし…
晴人
晴人
ばかなとこばっかで…
晴人
晴人
でも
晴人
晴人
すっごい優しくて、やろうと決めててやってるのかわからないけど、LIVE直前にボケまくって緊張ほぐしてくれて…
晴人
晴人
太我が友達でよかった
晴人
晴人
太我がノンラビのドラムでよかった
晴人
晴人
そう思ってます
晴人
晴人
なあ、太我
太我
太我
なんだよっ…
晴人
晴人
あなた先輩のこと幸せにしろよ
太我
太我
当たり前だろっ…
太我
太我
はぁ、ありがとな!!





普段全く泣かない太我が





言葉が詰まるほどに泣いていた





太我の背中をさするあなた先輩





自分も泣いてるくせに





晴人
晴人
そして、新婦のあなた先輩
晴人
晴人
あなた先輩とは高校が同じで、軽音部に勧誘されたところからはじまりました
晴人
晴人
多分、あの時入ってなかったら今の俺はいないのかなって思ってます
晴人
晴人
あなた先輩は知らないかもしれないけど、学校で1番かわいいって言われてて
晴人
晴人
仲がいいからってよく先輩宛のラブレターを預かったりしてました
晴人
晴人
まあ、全部渡さないで捨ててたんですけど
晴人
晴人
んで、すぐ転けるし、太我が作ったご飯美味しいって言って食べるし、時間守れないし…
晴人
晴人
結婚式も忘れて寝てるんじゃないかなって思ってたので、来れててよかったです
晴人
晴人
そんなあなた先輩だけど
晴人
晴人
俺が音楽のことで息詰まってる時にはすぐ気づいて相談乗るよって言ってくれるし、1番最初に俺に音楽の才能あるって言ってくれて…
晴人
晴人
あなた先輩が先輩でよかった
晴人
晴人
あなた先輩がはじめてのバンド仲間でよかった
晴人
晴人
あなた先輩
(なまえ)
あなた
なにっ…もうっ…
晴人
晴人
お幸せに
(なまえ)
あなた
はるっ…ありがとう…





先輩も泣いていた





俺はもう涙すら出なかった





プリ小説オーディオドラマ