無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,075
2019/02/25

第2話

~
ああ。腰痛い。久しぶりにやり過ぎたかな。
ちょんくん
ちょんくん
なんか元気ないね?
○○
○○
…ちょんくん?
ちょんくん
ちょんくん
あ、名前覚えてくれたんだ
○○
○○
まぁ、席隣だし
ちょんくん
ちょんくん
なにか悩み事?
○○
○○
んーん。
ちょっと疲れてるだけ
ちょんくん
ちょんくん
…ふーん
○○
○○
ちょんくんこそ何か用?
ちょんくん
ちょんくん
…ん?あなたと話してみたかっただけ
○○
○○
……
ちょんくん
ちょんくん
ぐくって呼んでよ。また話そ
○○
○○
…うん
ちょっと変わった子…?
てひょん
てひょん
その子御前の事好きなんじゃね?
○○
○○
…え、でもまともに話したの
その時が初めてだよ?
てひょん
てひょん
ふーん…なんか妬ける
○○
○○
…ぁぁ…てひょ…く…
嫉妬したような口調で
何度も攻め立てながら角度を変えてのキス
○○
○○
んっぁあ…イッちゃう…
てひょん
てひょん
っは
○○
○○
…てひょんくん…
てひょん
てひょん
ね、まだ足りない
○○
○○
…いいけど、大丈夫なの?時間…
てひょん
てひょん
あぁ…あの人、
そんなに俺に興味ないから
○○
○○
…んっ……
そう言って私を何度も何度も求めてくる。
でも、私知ってるよ?
休日に奥さんと仲良く買い物してるところ
見ちゃったから
そんな関係が私の欲を掻き立てるなんて、
私は本当にダメな女だ
ちょんくん
ちょんくん
また疲れたって顔してる
○○
○○
…ちょんくん
ちょんくん
ちょんくん
ねっ、今日の放課後用事ある?
○○
○○
えっ、特には…ないけど
ちょんくん
ちょんくん
じゃ、俺と遊びに行かない?