無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,657
2019/02/27

第8話

~
○○
○○
…っ奥さんとは仲良くない、
なんて嘘つき、
胸の中がもやもやしてぎゅっと手を握りしめた
ちょんくん
ちょんくん
…あなたさん?
どうしたの…?
○○
○○
…ぐぐ
ちょんくん
ちょんくん
…顔が悲しそうだったよ?
大丈夫?
○○
○○
大丈夫だよ、
ちょんくん
ちょんくん
…はい、
温かいの、飲んで
○○
○○
ありがとう……
ぐくは最後までしてくれない。
じゃ…ちゃんと付き合ったら…?
○○
○○
ね。ぐぐ
私達、付き合わない?
○○
○○
今日から私の彼氏、
でいい?
ちょんくん
ちょんくん
…本当に?
嬉しい…
ニコッと微笑むグクに胸が締め付けられる
○○
○○
…ぐく、
今度あった時は、ね?
ちょんくん
ちょんくん
…ん
○○
○○
今日もいっぱい
キスで気持ちよくして?
多分、どれだけぐくくんにハマっても
てひょん君との関係は簡単に止められないから
○○
○○
てひょん君
そう言えば私…
○○
○○
彼氏出来たんだ、
てひょん
てひょん
は?
意味わかんない。
○○
○○
なんか、成行きで
てひょん
てひょん
俺の事が好き
って言ったじゃん
○○
○○
…1番好きだよ?
てひょん
てひょん
その男にも
触れさせるの?
そう言って私のことを引き寄せ
強引にベットに押し倒される
○○
○○
てひょん君の
そういう顔好き
てひょん
てひょん
煽るな、
○○
○○
てひょん君だって
結婚してるじゃない
一緒だよ