無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

嫉 妬
~ 放 課 後 ~
グク先生からの呼び出し。嫌な予感しかしない。
本当は行きたくない。
なんか、会いたくない。
ガラガラガラ
YOU
YOU
失礼しまs、、
入ったらすぐ目の前にグク先生がいた。
グク先生はすごいスピードで私の肩を引き寄せて、壁に私を追い詰めた。
YOU
YOU
きゃ、、!
グク先生
グク先生
ねえ、あなた。
グク先生
グク先生
なんで俺以外の男とヤったの?
嫌な予感的中。
YOU
YOU
え…?
グク先生
グク先生
ジミン先生から聞いたんだけど。
ジミン先生とヤったんでしょ?
ジミン先生から聞いた、、?
グク先生
グク先生
ねえ、答えて。
YOU
YOU
あの、ジミン先生に迫られて、、
グク先生
グク先生
だからヤったの?
YOU
YOU
でも、ジミン先生すごい悲しそうな目してて、、!!
グク先生
グク先生
だからって、俺以外の男とヤるんだ。
YOU
YOU
そういう意味じゃ、、!
グク先生の目がいつもと違う。
YOU
YOU
グク先生、ごめんなさい…!
グク先生
グク先生
ごめんで済む話だと思ってんの?
グク先生
グク先生
いいよ、もう。
YOU
YOU
私が好きなのは…!
グク先生
グク先生
ジミン先生のところにでも行けば?
え…
グク先生なんで
そんなこと言うの?













私は走って理科室を出た。
私の目からは涙が溢れていた。