無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

ジ ミ ン 先 生 。
さやか
さやか
ねね!あなた、なんか最近いいことあったでしょ!
YOU
YOU
えなに!?なにもないよ!?
さやかにいきなり言われたから、少し焦る。
本当のことなんて言えるわけないし、、
さやか
さやか
ほんと~?笑 なんかあったら言いなさいよ~笑
YOU
YOU
う、うん!
ガラガラガラ
ジミン先生
ジミン先生
あなたいるー?
YOU
YOU
え、あ、ジミン先生、、!
ジミン先生
ジミン先生
ちょっと進路のことについて話したいことがあるから放課後俺のところ来い。
YOU
YOU
あ、わかりました!
さやか
さやか
あーあーあなた、呼びたしくらったね笑
YOU
YOU
ちがうもん!進路のことだし!
さやか
さやか
はいはい、、笑
~ 放 課 後 ~
コンコン
YOU
YOU
失礼します、ジミン先生いらっしゃいますか?
先生
ジミン先生なら、多目的室であなたさんのこと待ってるって言ってましたよー
YOU
YOU
あ!ありがとうございます!
~ 多 目 的 室 ~
YOU
YOU
失礼しまーす、、
ジミン先生
ジミン先生
遅いよ。
YOU
YOU
あ、すみません、、、
ジミン先生
ジミン先生
いいから。ここ座って。
YOU
YOU
ありがとうございます
ジミン先生
ジミン先生
あのさあ、
ジミン先生
ジミン先生
俺、聞いちゃったんだよね、
YOU
YOU
え、何をですか??
ジミン先生
ジミン先生
理科室であなたが喘いでるとこ。
YOU
YOU
え、、、?
ジミン先生
ジミン先生
すっごい気持ちよさそうだったね笑
グク先生とシたんでしょ?
YOU
YOU
進路の話じゃないんですか。
ジミン先生
ジミン先生
進路?ああ、あれ、嘘。
意味が分からない。
YOU
YOU
最っっ低、、
私は多目的室の出口へと向かう。
ジミン先生
ジミン先生
待て。
ジミン先生が私の腕を掴んだ。
YOU
YOU
嫌っ、、!
ジミン先生が素早く私の腰を引きつけると、私の頭が自然とジミン先生に近づいた。
YOU
YOU
離してください、、
ジミン先生
ジミン先生
あれ、この前俺とキスしたときめっちゃ気持ちよさそうだったのに、
YOU
YOU
、、もう嫌です。
なんであの時もっと抵抗しなかったんだろう。
ジミン先生の顔がすごく近い。
YOU
YOU
ジミン先生、離して、、!
ジミン先生
ジミン先生
嫌。
ジミン先生と私の唇が重なった。
YOU
YOU
ッ、
声が出そうになったけど、私は我慢した。
ジミン先生
ジミン先生
声、我慢しないでいいんだよ?キスだけで感じちゃってるの分かってるんだからさ。
ジミン先生はそう言うと、舌をいれてきた。
なんか、この前とは違う。
YOU
YOU
やだせんせッ、ハアッ
ジミン先生はゆっくりと顔を動かし、
私の首筋を舐めた。
YOU
YOU
ひゃっ、!
首筋に痛みが走った。
ジミン先生
ジミン先生
これで、俺のものになるっていう証拠、ついたね。
YOU
YOU
ジミン先生のものになんてなりません、、
ジミン先生
ジミン先生
これからちゃんとなるの。
YOU
YOU
私が好きなのは、、!
そう言うと、ジミン先生は私を床に押し倒した。
ジミン先生
ジミン先生
もう、逃がさないよ。
ジミン先生が私の制服のボタンをはずしていく。
YOU
YOU
っ、先生、最っっ低、、
ジミン先生
ジミン先生
なんとでも言え。
ジミン先生
ジミン先生
俺が好きなのはあなただけだから。
YOU
YOU
え、、
ジミン先生の目は、どこか悲しそうだった。
そして、ジミン先生がゆっくりと私にキスをした。
ジミン先生
ジミン先生
愛してるよ、あなた、、
ジミン先生が最後のボタンをはずした。