無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

第4話ちょっと長め🔞
ピーポーン
イ、あなた
イ、あなた
グクくん!?
チョングク
チョングク
へへきちゃった(´∀`)ダメかな?
イ、あなた
イ、あなた
ううん!
ガチャン
チョングク
チョングク
わー!綺麗!
イ、あなた
イ、あなた
ありがとう(*≧∀≦*)
チョングク
チョングク
あ、あのさ…
イ、あなた
イ、あなた
どうしたの?
チョングク
チョングク
やらない?
イ、あなた
イ、あなた
へぇ?
チョングク
チョングク
気持ちいよ?
イ、あなた
イ、あなた
いやだ、
チョングク
チョングク
そっか、、無理矢理やるしかない
イ、あなた
イ、あなた
え?
かちゃかちゃ
口に無理矢理入れてきた
イ、あなた
イ、あなた
うぅぁ
チョングク
チョングク
んん
イ、あなた
イ、あなた
こんなグクくん好きじゃないよ!
あなたのカクトク
あなたのカクトク
テヒョン助け、、、
チョングク
チョングク
何送ってんの?
イ、あなた
イ、あなた
いや!
数分後
イ、あなた
イ、あなた
あぁぁぁぁだめぇぇぇぇいくぅあぁ
チョングク
チョングク
いったね
イ、あなた
イ、あなた
テヒョン…小さい声で
イ、あなた
イ、あなた
いゃぁ
ガチャン
チョングク
チョングク
第2回ランド
テヒョンのカクトク
テヒョンのカクトク
あなた?
ピーポーン
キムテヒョン
キムテヒョン
あな、、、は?
キムテヒョン
キムテヒョン
あれ?開いてる
パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
イ、あなた
イ、あなた
やめてグクくん!あぁひゃラメ、、///
チョングク
チョングク
黙って見ててね?
キムテヒョン
キムテヒョン
っ、、、
キムテヒョン
キムテヒョン
おい!あなたに手出すな!
イ、あなた
イ、あなた
テヒョン、、
イ、あなた
イ、あなた
テヒョン!?
チョングク
チョングク
あぁーあこんな姿幼馴染みに見せるとは笑笑
チョングク
チョングク
まぁーテヒョンくんにはこの犯されてるのを見てもらうね
イ、あなた
イ、あなた
やめて!グクくん!怖いよ?
チョングク
チョングク
黙って愛されればいいんだよ
イ、あなた
イ、あなた
っ、、、
ただただ肌と肌が触れ合う音が部屋に響き渡る
時々激しいトロけるようなキスをしてくる
イ、あなた
イ、あなた
やらやらやら、、、もう動けないよぉ〜
キムテヒョン
キムテヒョン
グクやめろ!
チョングク
チョングク
やだねぇーだあぁ今いいところ入ったヤベェ今までやってきた中で一番気持ちい
イ、あなた
イ、あなた
やらぁ!泣
と抜いた
イ、あなた
イ、あなた
へ?
ゴムを外し
ズボ
イ、あなた
イ、あなた
ヒャぁぁぁぁ!、、、///
キムテヒョン
キムテヒョン
おい!グク!それだけはやめろ!
チョングク
チョングク
この子も気持ちがってるしいいでしょ?笑笑
キムテヒョン
キムテヒョン
パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
イ、あなた
イ、あなた
あぁだめぇ逝っちゃう
チョングク
チョングク
逝ったらお仕置きんぁ
イ、あなた
イ、あなた
そんなぁ
パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
イ、あなた
イ、あなた
もうだめ、、、
逝ってしまった
チョングク
チョングク
逝っちゃったね、、約束通りお仕置き
それは、、ものすごく気持ちいやつ笑笑
まだ入れたままである
と?スピードを上げる
イ、あなた
イ、あなた
あんやんグ、クくんやらぁ
チョングク
チョングク
お仕置きだからさぁ〜笑笑
耳元で
チョングク
チョングク
気持ちくなってもらうから
イ、あなた
イ、あなた
やぁ!
パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
イ、あなた
イ、あなた
あんあんあんあんやめて!んぁぁぁ!だめだめだめぇ逝っちゃう、、、
チョングク
チョングク
んぁ逝ったね
イ、あなた
イ、あなた
あは、あははは
イ、あなた
イ、あなた
グクくん抜いて
入れたまま抱っこしてベットへ
とまたやり始めた
イ、あなた
イ、あなた
んぁやらぁよぉぎゅくくん
チョングク
チョングク
いひひ
ピーポーン
チョングク
チョングク
おー!きたー!
ガチャン
パクジミン
パクジミン
交代?
チョングク
チョングク
うん、僕他のやつも犯しに行かないと行かないから
パクジミン
パクジミン
んおけ
チョングク
チョングク
じゃあ
ガチャン
パクジミン
パクジミン
って言ってもどこにいんの
パクジミン
パクジミン
ベットルームかな?
ガチャ
パクジミン
パクジミン
え、いた
イ、あなた
イ、あなた
へぇ!?誰!?
パクジミン
パクジミン
あぁパクジミン
イ、あなた
イ、あなた
私を助けてください!
パクジミン
パクジミン
イ、あなた
イ、あなた
グクくんに襲われたんです、、、
パクジミン
パクジミン
あぁーごめん僕グクの変わりに交代してきただけだから
イ、あなた
イ、あなた
え、、、
といれた
イ、あなた
イ、あなた
んはぁ
ジュボジュボジュボジュボジュボジュボジュボジュボジュボジュボ
イ、あなた
イ、あなた
いゃぁぁ
しかもでかい、、
と半分まで入れてたのを奥まで入れた
イ、あなた
イ、あなた
壊れるぅ
パクジミン
パクジミン
ここからだよ?「ニコ
抜いてゴムを外し入れた
イ、あなた
イ、あなた
待って私まだ学生ですよ?
パクジミン
パクジミン
へぇーで?
イ、あなた
イ、あなた
は?
パクジミン
パクジミン
何か?
パクジミン
パクジミン
☁️「怒らせたらお仕置きしよーと笑笑」
とあなたが抜こうとしていたけど逆効果、自分で動いてただけだった
イ、あなた
イ、あなた
んぁやらぁ待ってぇんはぁ
パクジミン
パクジミン
んぁいいよいいよー
イ、あなた
イ、あなた
絶対ぬくもん!
でも自分で動いてただけだった
イ、あなた
イ、あなた
んはぁラメェダァ待ってぇよぉ
パクジミン
パクジミン
おそいなー
と腰持ち動いた
イ、あなた
イ、あなた
あんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあんあん
イ、あなた
イ、あなた
イッ、、ああぁ舌がまらわない
パクジミン
パクジミン
んぁぁ気持ちいねぇ〜
ばん!
パクジミン
パクジミン
!?
イ、あなた
イ、あなた
!?
キムテヒョン
キムテヒョン
おい警察だ!「警察のフリ
パクジミン
パクジミン
やっべ「逃げた
服を着て
イ、あなた
イ、あなた
テヒョンありがとう!
キムテヒョン
キムテヒョン
( ´ ▽ ` )
イ、あなた
イ、あなた
私を襲っていいよ?
キムテヒョン
キムテヒョン
は?
イ、あなた
イ、あなた
ご褒美!
イ、あなた
イ、あなた
テヒョンなら信じられるから!
キムテヒョン
キムテヒョン
あなた、、、
キムテヒョン
キムテヒョン
でも大人まで我慢するよ?
イ、あなた
イ、あなた
そっか!