無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

あなたside
よかった〜

いやー、警備の事すっかり忘れてたけど

鬼も出なかったし、よかったよ

って言いたい所だけど…
美花  ミミ
美花 ミミ
あんたさ、何なの?
絶賛、絡まれ中

いや、何なのって…こっちが言いたいよ

帰って来てそうそう何?
雨宮  あなた
雨宮 あなた
何なのって?
美花  ミミ
美花 ミミ
他の柱の人と話さないでくれない?
雨宮  あなた
雨宮 あなた
そんな事言ったってどうせ嫌われてるし
雨宮  あなた
雨宮 あなた
私は話たくないけど
煉獄 杏寿郎
煉獄 杏寿郎
おーい!!
あ、遠くから炎柱さんの声が
美花  ミミ
美花 ミミ
丁度いいじゃん
煉獄 杏寿郎
煉獄 杏寿郎
ミミ…てお前も居るのか!!
相変わらず声が大きいな

うるさい…
美花  ミミ
美花 ミミ
れ、煉獄さん…(´•̥ ω •̥` *)
煉獄 杏寿郎
煉獄 杏寿郎
よもや!!なぜ泣いている!!
ほんとそれな

何で泣いた?
美花  ミミ
美花 ミミ
だ、大丈夫ですけど…あなたさんが…
おー、私が何したって?

煉獄 杏寿郎
煉獄 杏寿郎
何をされたのだ!!
美花  ミミ
美花 ミミ
う、うざいって…
うわー、心弱くね?

うざいって言われて折れちゃった?

まー、言ってないけどさ
煉獄 杏寿郎
煉獄 杏寿郎
よもや!!お前謝らないのか!!
雨宮  あなた
雨宮 あなた
………
美花  ミミ
美花 ミミ
む、無視は…ダメですよ…
あ、私に言ったの

雨宮  あなた
雨宮 あなた
じゃあ、言うけど
雨宮  あなた
雨宮 あなた
別に謝る気なんて無い
煉獄 杏寿郎
煉獄 杏寿郎
柱という立場に居るにも関わらずその発言か!!
雨宮  あなた
雨宮 あなた
散々、柱を辞めろって言っていたのに
雨宮  あなた
雨宮 あなた
今度は柱だから?ふざけないで
美花  ミミ
美花 ミミ
あ、あなたさん…そんな言い方は…
誰のせいでこんな話になったと思ってんだよ

イライラしていたから目付きが悪くなっていた
美花  ミミ
美花 ミミ
に、睨まれた…
この人はどんな時も私を悪者にしたいんだね

まぁ、いっか
雨宮  あなた
雨宮 あなた
話が通じないみたいだね
雨宮  あなた
雨宮 あなた
じゃあ、私はこれで
煉獄 杏寿郎
煉獄 杏寿郎
おい!
無視無視

どうせ、話したって変わらないから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回はここまでです!

それでは・△・)ノ バイバイ