無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

拾漆
善逸side


あなたが機能回復訓練に来たんだってよ…

何で行かなかったんだよ!俺!!

聞いてないよぉ…来るなんてぇ…

それに炭治郎は夜に常中の練習してたら会ったんだって…

何なの!?もうやだ!

って思ってたけど、3日前にあなたに会って

伊之助は常中出来たら天ぷら作ってもらって

炭治郎は一緒に禰豆子ちゃんと遊ぶ約束

俺は一緒に出かける約束をした

だから死ぬ気で訓練したよ

3日かけて習得したよ

炭治郎とか伊之助はもう天ぷらだったり遊んでもらったりしたんだって

そして今日は…俺の日だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
あなた、まだかなぁ
雨宮  あなた
雨宮 あなた
おーい!善逸〜
あ、噂をすれば
我妻  善逸
我妻 善逸
あなた〜
雨宮  あなた
雨宮 あなた
ごめんね、待った?
我妻  善逸
我妻 善逸
いやぁ、全然
雨宮  あなた
雨宮 あなた
そっか、よかった
雨宮  あなた
雨宮 あなた
ところで今日は何するの?
我妻  善逸
我妻 善逸
今日は新しくできた甘味処に行こうと思って
雨宮  あなた
雨宮 あなた
え!甘味!やった!
雨宮  あなた
雨宮 あなた
早く行こう!
我妻  善逸
我妻 善逸
うん!
いや、マジで天使

顔で飯食える
雨宮  あなた
雨宮 あなた
あ、もしかしてあそこ?
我妻  善逸
我妻 善逸
そうだよ
雨宮  あなた
雨宮 あなた
善逸は何食べる?
我妻  善逸
我妻 善逸
あなたと同じでいいよ
雨宮  あなた
雨宮 あなた
じゃあ…苺大福!
我妻  善逸
我妻 善逸
おばちゃん、苺大福2人分ね
雨宮  あなた
雨宮 あなた
あ、善逸お金
いや、お金差し出されてもさぁ

こういうのは男が払った方がカッコイイじゃん
我妻  善逸
我妻 善逸
いいよ、あなた
雨宮  あなた
雨宮 あなた
え…でも…
我妻  善逸
我妻 善逸
いいのいいの
雨宮  あなた
雨宮 あなた
ありがとう…
そんな話をしていたらおばちゃんが苺大福を持って来てくれた
我妻  善逸
我妻 善逸
じゃあ食べよっか
雨宮  あなた
雨宮 あなた
うん!
雨宮  あなた
雨宮 あなた
(。・н・。)パクッ
雨宮  あなた
雨宮 あなた
ん〜美味しい〜
我妻  善逸
我妻 善逸
よかった〜
ほのぼのしていいなぁ

なーんて思ってたら
美花  ミミ
美花 ミミ
キャア!【転ぶ】
目の前で転ぶ人…鬼殺隊の人だ…

この人声は可愛い感じなのに…

嘘の音が凄いする…

もしかして…この人…
雨宮  あなた
雨宮 あなた
何してるの?
雨宮  あなた
雨宮 あなた
色柱さん
やっぱり…あなたを…いじめてるって言う
美花  ミミ
美花 ミミ
な、何って…グスッ…
宇髄  天元
宇髄 天元
おい!大丈夫か!
美花  ミミ
美花 ミミ
う、宇隨さん…グスッ…
美花  ミミ
美花 ミミ
だ、大丈夫です…
美花  ミミ
美花 ミミ
私が勝手に転んだだけ…グスッ…なので…
そうだよ…勝手転んだんじゃん
宇髄  天元
宇髄 天元
おい!お前だろ
宇髄  天元
宇髄 天元
お前が転ばせたんだろ!
え?お…俺?
雨宮  あなた
雨宮 あなた
そんな事してないけど?
あ、あなた?!

何で?あなたが疑われてるの?

あ…そっか…

柱は全員裏切り者って…
宇髄  天元
宇髄 天元
じゃあ他に誰が居るんだよ
雨宮  あなた
雨宮 あなた
だから私じゃない
宇髄  天元
宇髄 天元
じゃあお前か?善逸
我妻  善逸
我妻 善逸
は?俺じゃないし
雨宮  あなた
雨宮 あなた
ねぇ…いい加減にしてくれない?
あなたから怒ってる音がする…

初めて感情の音聞いたなぁ
雨宮  あなた
雨宮 あなた
前、私に言ったよね
雨宮  あなた
雨宮 あなた
嘘つきは最低だって
宇髄  天元
宇髄 天元
ああ
雨宮  あなた
雨宮 あなた
じゃあ…色柱さんは最低な人って言いたいんだね
宇髄  天元
宇髄 天元
は?何言ってんだ?
雨宮  あなた
雨宮 あなた
だって色柱さんは「勝手に転んだ」って言ったでしょ
雨宮  あなた
雨宮 あなた
なのにそれを信じないって事はさ…ね?
宇髄  天元
宇髄 天元
っ…
雨宮  あなた
雨宮 あなた
最低な人にしたくないなら信じてあげなよ
雨宮  あなた
雨宮 あなた
色柱さんの「勝手に転んだ」って言葉をさ
雨宮  あなた
雨宮 あなた
善逸、行こう
雨宮  あなた
雨宮 あなた
こんな人と一緒に食べたくないし
我妻  善逸
我妻 善逸
分かった
今日分かった事

あなたは怒らせると怖い
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回はここまでです!

それでは・△・)ノ バイバイ