無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

拾陸
あなたside

夜になって眠れなくなった

だから散歩をしに屋敷を出て

胡蝶屋敷の前を通り過ぎようとして足を止めた

炭治郎が屋根の上に居たから

蟲柱さんも居ないようだし炭治郎の傍に行った

雨宮  あなた
雨宮 あなた
炭治郎
呼んでみたけど気づかない

よっぽど集中してるんだね
雨宮  あなた
雨宮 あなた
炭治郎!
さっきより少し大きい声で呼んでみた
竈門  炭治郎
竈門 炭治郎
え?!
竈門  炭治郎
竈門 炭治郎
あなたか…
竈門  炭治郎
竈門 炭治郎
驚かせないでくれよ
どうやら驚かせてしまったみたいだね
雨宮  あなた
雨宮 あなた
ごめんね
雨宮  あなた
雨宮 あなた
炭治郎は何してるの?
竈門  炭治郎
竈門 炭治郎
全集中常中を出来るようになりたくて
雨宮  あなた
雨宮 あなた
頑張ってるんだね
竈門  炭治郎
竈門 炭治郎
あなたは出来るのか?
雨宮  あなた
雨宮 あなた
これでも柱だからね
竈門  炭治郎
竈門 炭治郎
やっぱりそうなのか
雨宮  あなた
雨宮 あなた
そういえば禰豆子は?
竈門  炭治郎
竈門 炭治郎
今は夜だから箱から出て部屋をウロウロしてると思う
雨宮  あなた
雨宮 あなた
外に出ないの?
竈門  炭治郎
竈門 炭治郎
禰豆子の事をよく思わない人もまだ居るからな
雨宮  あなた
雨宮 あなた
大変だね
竈門  炭治郎
竈門 炭治郎
あなたは…
竈門  炭治郎
竈門 炭治郎
どうして鬼殺隊に入ったんだ?
雨宮  あなた
雨宮 あなた
え?私?
理由か…

お館様にしか話してないんだよね

まぁ、炭治郎だし

いっか
雨宮  あなた
雨宮 あなた
誰にも言わないでね
竈門  炭治郎
竈門 炭治郎
あぁ
雨宮  あなた
雨宮 あなた
鬼殺隊員の半数が家族を鬼に殺されて鬼殺隊になったんだよ
雨宮  あなた
雨宮 あなた
知ってた?
竈門  炭治郎
竈門 炭治郎
まぁ、俺もそうだから…
竈門  炭治郎
竈門 炭治郎
あなたも…なのか?
雨宮  あなた
雨宮 あなた
私は…違うんだよね…
雨宮  あなた
雨宮 あなた
両親は働かない人でね
雨宮  あなた
雨宮 あなた
私が変わりに働いてたの
竈門  炭治郎
竈門 炭治郎
……
炭治郎は静かに聞いてくれてる
雨宮  あなた
雨宮 あなた
だけど、そのお金も遊びに使ってさ
雨宮  あなた
雨宮 あなた
だから借金が凄い額になっちゃって
雨宮  あなた
雨宮 あなた
それで両親は殺されて
雨宮  あなた
雨宮 あなた
私は売られそうになった
きっと…私の感情が狂いだしたんだ…

ここから…
雨宮  あなた
雨宮 あなた
だけど、お館様が助けてくれて
雨宮  あなた
雨宮 あなた
その成り行きで鬼殺隊に入って…
雨宮  あなた
雨宮 あなた
炭治郎は引いちゃうかもしてないけど…
竈門  炭治郎
竈門 炭治郎
大丈夫だから…話してくれ…
雨宮  あなた
雨宮 あなた
私ね…鬼を殺すのが楽しくなっちゃって…
雨宮  あなた
雨宮 あなた
きっと…鬼殺隊に入ってなかったら人を殺していたかもしれないんだ…
竈門  炭治郎
竈門 炭治郎
あなた…
炭治郎が何か言いかけたけど

私は気づいた
雨宮  あなた
雨宮 あなた
蟲柱さんが来る…
竈門  炭治郎
竈門 炭治郎
え?!分かるのか
雨宮  あなた
雨宮 あなた
まぁね
雨宮  あなた
雨宮 あなた
私はそろそろ行くね
雨宮  あなた
雨宮 あなた
またね、炭治郎
雨宮  あなた
雨宮 あなた
それから…
雨宮  あなた
雨宮 あなた
話を聞いてくれて…ありがとう
雨宮  あなた
雨宮 あなた
シュッ【消える】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回はここまでです!

それでは・△・)ノ バイバイ