第12話

☁️
216
2021/05/04 11:03
Hoseok
Hoseok
それでおっけー?







私が頷くと、ホソクは私が持っているサンドイッチとカフェオレを手に取りレジに向かった。







コンビニを出ると私の分のが入った袋を渡され、









Hoseok
Hoseok
俺もう行かなきゃだから。
終わり次第家行くから待ってろよ






と私の頭をポンポンする。









you
分かった。
頑張ってね








ホソクはそのまま行ってしまった。


私は一人で事務所に戻った。







休憩所で一人、ホソクが買ってくれたサンドイッチを食べながら誰も居ない事務所で練習室に目をやる。









Namjoon
Namjoon
ねぇ、







突然後ろから声が掛かった。






振り向くとそこに居たのはナムジュンさんだった。













next→→

プリ小説オーディオドラマ