無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

383
2019/10/26

第5話

思っていたより



「おっも……。」
ジャグってこんな重いんだ……


あ、僕は早速仕事を頼まれて今はジャグ(運動部は必ずと言っていいほど使う飲み物が入っている大きい水筒のようなもの)を運んでいます……
ちなみに2つ同時です。

予想以上に重かったジャグを水道の近くに置いておく訳にもいかないので持ってみたものの校舎の中にある水道から練習場まで少し距離がある。
今にも腕がちぎれそうな中、


「大丈夫〜?」


とかすちゃんが来てくれた。

かすちゃんは俺と同級生で(クラスは違うけど。)サッカー部のマネージャーをしていた。


「ごめんごめん、いきなり2つはキツかったね、」


そう言うとかすちゃんは僕が持っていたジャグのひとつを持ってくれた。

ありがとう、と僕がお礼を言うといいよそんなにしなくてと言った。
見た目よりそんなに悪い人では無いのかもしれない。





部活が終わって家に着き、ジャージのままでベッドに倒れ込んだ。


ほんとなのかな、あれ。


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


更新くっそ遅いくせに短くてごめんなさい(´;ω;`)