無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

行方不明
チュンッチュンチュンッ




んん、、





道枝駿佑
道枝駿佑
ふぁぁ、朝やぁ…、あれ、あなた??




先起きとるんかな。





朝一番携帯に手を伸ばす。(







暗く無表情のスマホの画面に




明るく笑顔のあなたを写したあと









ロック画面の時計は8時を指していた。
















うん。













…ん?









8時⁉









ヤバいはよ準備せんとあかん!!







道枝駿佑
道枝駿佑
あなた~‼
なんで起こして
くれへんかったんやぁぁ!!!




シーン



あれ、いつもなら












(なまえ)
あなた
知らんわ‼
起こしても起きひんかったやん‼
もう、先行くで‼





























ってキレ気味だけど笑って返事してくれるんに

















あれ、ほんまにヤバいやつ?

























































寝すぎて怒らせた??(















荷物ないし、先行ったんかな。


















道枝駿佑
道枝駿佑
ってはよ準備せんとぉぉお‼(
























ガチャッ
道枝駿佑
道枝駿佑
ヤバい遅刻やぁあ仕事ぉぉお‼
キィィイ…

















あーもう、‼

















開いたまんまやぁぁぁ!













はぁ…













溜め息を吐きながらドアを閉めようとした瞬間





















































道枝駿佑
道枝駿佑
なんやこれ

















白い無地の紙切れ。







普通のプリント。宿題のプリントかなと思ったら





































   来週の日曜アメリカに出発だ。



    ちゃんと荷物をまとめて



 忘れ物のないようにしなさい。by 滝沢



   
                    」
道枝駿佑
道枝駿佑
…は、??アメ、リカ、?



アメリカ?










































留学??












どういうことやねん…













俺は訳もわからずそこに立ち尽くした。



















俺の呟きは







綺麗に電車の騒音にかき消されて






















next)