無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

💕
you
you
ん、んん、んー、ふわぁ、よく寝たにゃ、、。ん?
私のお腹くらいのところに道枝駿佑という絶壁完璧顔面国宝の彼氏が横に寝てらっしゃいます。




大吾くん来るまで待っててくれたのかな?




でも、そんなとこで寝たら風邪引くよ、移っちゃうし。



you
you
駿ー?寝てるとこ申し訳ないのだが、そこで寝ると風邪移るよ?
道枝駿佑
道枝駿佑
んん、あ、あなた…。起きた?
you
you
うん、
道枝駿佑
道枝駿佑
どう?体調。
you
you
まだちょっと頭痛い、、
道枝駿佑
道枝駿佑
そっか、大吾くんまだかな。
と、ドアの方を見る駿。


私はあと、もう少しだけ、もう少しだけでいいから、大吾くん来るの後にしてほしい。



だって、大吾くん来たら駿がどっか行っちゃうのは目に見えてるから。




あと、もう少し。










側に居て欲しいです…。
ピーンポーン





あ、来ちゃった…。







道枝駿佑
道枝駿佑
多分大吾くんやから、俺出るわ。
you
you
え、?駿どっか行くん、?
道枝駿佑
道枝駿佑
記者会見。ファンの人に早く、本当のこと、知って欲しいから。
you
you
そ、うやんね。…。




胸がきゅっと苦しくなる、




道枝駿佑
道枝駿佑
大丈夫やって。そんな顔せんといて?すぐ戻ってくるから。笑顔で待っといてや?
you
you
うんニコッ
道枝駿佑
道枝駿佑
やっぱ笑顔のあなたの方が好きやわ。
そういっておでこにキスをしてくる駿。





この男はぁぁあ!!/////








やっぱ好きだなぁ。