第57話

story
君との思い出話を語ってる


うちに









僕が退院する時が来てしまった







もう君と居られなくなってしまう






そういうことばかりを考えていたら






涙が出てきた











だから最後に











君にこの思いが届くように










手紙を書いたんだ
















君が退院する時に









渡してくれと








看護師さんに伝えて
______________________________
あなた
あなた
グクさんは今日退院なんですか?
グク
グク
そうですよ
あなた
あなた
寂しいです
グク
グク
そうですか?グァンリンさんがいるじゃないですか
そう




僕が意地悪をすると




君は
あなた
あなた
そうなんですけどね笑
と言って笑ってくれたよね



ねぇ、僕は










君がいつ来てもいいように










待ってるからね

















next_______________