無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4
グクへ

少しの間距離置きませんか?










あなたが浮気をしているのはもう知ってるの。
















私は私だけ愛して欲しかった。




ほかの女に触れて欲しくなかった。






あなたは最近は私に冷たくなっているのを気づいていますか?







グク…私ね。












ただ、貴方に愛されたいだけなんだ。