無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

告白
グク
グク
ねぇ、なんでこの公園が好きなの?
あなた
あなた
それはね…
ユンギと初めてあった場所
あなた
あなた
ユンギと初めてあった場所なんだ
あぁ、またかよ








いつもいつも





ユンギヒョンばっか
あなた
あなた
ゆんぎには感謝しかない
あなた
あなた
ユンギが助けてくれなかったら自分はここに居ないかもね
グク
グク
どういうこと?
あなた
あなた
私はこの人生の何もかもが嫌だった
あなた
あなた
学校に行ったらいじめられるし
あなた
あなた
バイトをしたらセクハラ行為をされるし
あなた
あなた
しまいには親に頼まれて知らない人に抱かれたんだよ?
あなた
あなた
多分他の人から見たら他人事かもしれない
あなた
あなた
だけど嫌だったこの汚い身体と自分自身を
あなた
あなた
そんな時ユンギに助けてもらったの。
俺が守ってやるからって
あなた
あなた
でもあまり変わらなかったかな笑
あなた
あなた
でもユンギのこと愛してたから一緒にいたの
あなた
あなた
それも、もうおしまい…
あなた
あなた
ユンギは最後まで私を愛してくれたかな?
あなた
あなた
だから時々ねこの公園に来て聞いてみるの
あなた
あなた
ユンギは今幸せなのかってね
僕は咄嗟に君に告白をしてしまったよね










公園のことを聞いたら










僕にはまだ君には届かないのかとか





沢山思った




でもユンギヒョンだけには





渡したくなかったから




だから告白をしたの




そう





2番でもいいから_______________




next_______________