第6話

続き
501
2021/08/14 10:24
志摩side
私
志摩さん…あの…、
志摩一未
志摩一未
何だ…、
私
いや…何も…、
この時俺は機嫌が悪かった…。理由はアイツのせいだ…。





























伊吹藍
伊吹藍
ねぇねぇ志摩ちゃん笑
志摩一未
志摩一未
言うな…、
伊吹藍
伊吹藍
うふふした?あなたちゃんと笑
志摩一未
志摩一未
はぁ…やっぱりな…してねぇよ…、
伊吹藍
伊吹藍
え!マジ!あの志摩がねぇ笑
志摩一未
志摩一未
仕方無いだろう…はぁ…、
最近付き合い出したあなた…。あなたは俺より若い。だからかわいそうで…手を出せなくて…そしてそれから伊吹から質問責め…。そして昨日は犯人も取り逃して…イライラしてた。あなたからのSOSにも気付かずに…。






































そして今日は…昨日取り逃した犯人を捕まえこれで今日終わり…そう思ってた…。
私
志摩さ…助けて…!
あなたから電話があって何だか様子がおかしい…。
志摩一未
志摩一未
何があった!
私
最近…仕事も上手く出来なくて…付けられてて…追いかけられてる…泣
って…。この時ようやくあなたのSOSに気づいた…。そして伊吹と現場に向かった…。




































メロンパン号であなたの所に向かってた。
伊吹藍
伊吹藍
志摩ちゃん急いで!
志摩一未
志摩一未
急いでるんだよ!クソ!
メロンパン号じゃあまりスピードが出ない。そして現場に着くとまさにあなたがヤラれる寸前だった。
志摩一未
志摩一未
あなた!!
私
志摩さん泣
本当はこのクソみたいな男を殴りたかった。でもあなたを見たら出来ず…、
私
志摩さん…泣
志摩一未
志摩一未
良かった…本当に…、
あなたをただただ落ち着かせるしか無かった…、
志摩一未
志摩一未
あなたまで失う所だった…。
あなたまで失ったらもう俺は…、
私
志摩さん…泣うぅぅぅ…ヒクッ!
そしてあなたを落ち着かせた後伊吹が桔梗さん命令だと言ってあなたと帰る事になった。

プリ小説オーディオドラマ