第4話

続き 微🔞
675
2021/08/12 08:24
私side
私
はぁ…、
あれから私は家に帰って来た。何もしたくないなぁ…。




































結局私は一日中何もしなくて…泣き続けた…。
私
もう…!藍ちゃんのバカ…!大嫌い…!はぁはぁ…、
言いたい事を言った…。虚しい…。はぁ…。
伊吹藍
伊吹藍
あの…あなたちゃん…笑
私
あ…い、ちゃん…?まさか聞いてたの…?
伊吹藍
伊吹藍
うん…笑で?俺の事バカだって?大嫌いだって?
ってじりじりと近付いて来る藍ちゃん…。そのままベッドに押し倒され藍ちゃんは私の上に跨った…。
私
藍ちゃん…?
伊吹藍
伊吹藍
はぁ…あなたちゃんは何も分かってない…、
私
え…んん/////
藍ちゃんに激しいキスをされ…太腿を触れる…。
私
ん…はぁ…藍ちゃ…/////
伊吹藍
伊吹藍
好き…、
私
んん/////
伊吹藍
伊吹藍
好き…、
私
は…藍ちゃんん/////!
と激しいキスをされ…そして…藍ちゃんに激しく愛され…そして私と藍ちゃんはイった…。











































私
藍ちゃん…ごめんね…、
伊吹藍
伊吹藍
何が?
私
だって…藍ちゃんに酷い事…、
伊吹藍
伊吹藍
ん?ふっ…笑良いの!もう…笑俺も悪かったし…笑
私
え…?
伊吹藍
伊吹藍
志摩ちゃんに怒られたよ…笑彼女大事にしろって…お前みたいな奴あなたちゃんしか居ないって…笑
私
藍ちゃん…、
伊吹藍
伊吹藍
これからもあると思う…。でも大事にする…!
私
藍ちゃん…泣
伊吹藍
伊吹藍
よしよし…、
私は自分から藍ちゃんに抱き着いた。大好き…。大嫌いなんて嘘…大好き…。藍ちゃんの顔を見たらどうでも良くなった。今日の事…。でもね…、
伊吹藍
伊吹藍
好きだよ…あなたちゃん…笑
私
私も…笑
って2人で笑い合ってまたキスを交わす…。バカみたいに笑い合って…この瞬間が何より幸せなんだ…。
END。

プリ小説オーディオドラマ