無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

54
2019/02/17

第8話

eight
テテ
テテ
んん…今日も疲れたなぁ
んね!今日部活ないし
放課後遊ぼ!
テテ
テテ
ごめん、ちょっと先約あって
そっか(′・ω・`)
また今度遊ぼっか!
テテ
テテ
おう!
んじゃ、またな!
うん!またねー!
(一人になっちゃったしユンギのとこ行こ…( ˙-˙ ))
ユンギの教室
ミン先輩ー
ユンギ
ユンギ
ん…?
ナムジャ:なに、あの女の子かわいくない…?
ナムジャ:それな、
ユンギ
ユンギ
ちょ…(腕引っ張る)
あれ?
ユンギ
ユンギ
なんだよ、急に来て
いやー放課後テテと遊びに行こうと思ってたんだけど
先約あるからって言われてさ
ひとりだと寂しいからユンギ先輩誘っていこーかなって
思って
ユンギ
ユンギ
なんだ、そうゆうこと?
家督に送ればいいのに
これからは俺に用がある時は家督に送って
何でですか?
ユンギ
ユンギ
なんでも…
分かりました…
ま!行きましょ!
準備終わったら校門に来てくださいな!
ユンギ
ユンギ
お、おう
校門
あ、きた
んじゃ、行きましょか
ユンギ
ユンギ
どこ行くんだ?
んー…どこがいいですか?
ユンギ
ユンギ
おれにふるのかw
‎٩(๑>؂<๑)テヘ
ユンギ
ユンギ
んじゃ、ゲーセン行こか
げーせん?いいですよー
ゲーセン
(あ、あのぬいぐるみに付いてるネックレスかわいい…)
ぬいぐるみを見る
ユンギ
ユンギ
ん?あれほしーの?
え、あ、うん
ユンギ
ユンギ
んじゃ、とってやる
チャリ-ン_お金の音_
ユンギ
ユンギ
ほらよ
すご、一回でとった…
ユンギ
ユンギ
こうゆうの得意だからな
ありがとうございます
大事にしますね!
ユンギ
ユンギ
お、おう///
なんやかんやでゲーセンでいっぱい遊んで帰り道
今日は楽しかったです!
ユンギ先輩はひどい人だと思ってたけど
案外優しい人ですね!
ユンギ
ユンギ
あーね…
ちょっとこっち来い
え?
ユンギに引っ張られて
何を見てるのか気になってユンギの後ろから覗いたら
見たくない光景があった…










































































…テ…テ?
その目の先にはテテと女の子が手を繋いで帰っていた所だった