無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,578
2021/03/20

第10話

‪⸜❤︎⸝‬
eunwoo side












僕が降りる駅に着いてしまった









eunwoo
eunwoo
💭本当にあなたちゃんのおかげで助かった。もっとあなたちゃんと話してたい






そう思って僕は、提案した








eunwoo
eunwoo
お礼をさせて
(なまえ)
あなた
えっ
(なまえ)
あなた
いや、悪いからいいですよー
eunwoo
eunwoo
でも〜🥺









あなたちゃんがロハだってことは分かってた。だから絶対にいいよって言ってくれると思ってた。









まさか、あんなお願いをされるなんて思ってもみなかった。












(なまえ)
あなた
じゃあ……
.










(なまえ)
あなた
今度会った時に、私のこと覚えててくださいっ//








そう言った時のあなたちゃんの顔は泣きそうだった









(なまえ)
あなた
私は、それだけで十分幸せです
でも、やっぱり…
.
eunwoo
eunwoo
もちろんだよ!
こんなに沢山お喋りしたんだし忘れるわけないよ
(なまえ)
あなた
っっ、













こんな事を言われるのは初めてだ。






これだけじゃなかった。









会った時もそうだ







僕に気づいてるはずなのに何も言ってこなかった。きっと、色々聞きたいことや話したい事、やって欲しい事、たくさんあったはずなのに…






あなたちゃんは僕のプライベートを尊重してくれたんだね









eunwoo
eunwoo
💭こんな子、初めて








next…