無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,631
2021/03/18

第6話

‪‪⸜❤︎⸝‬
eunwoo  side




僕は今、日本に来ている。
来ている事は、公表されていないから知っているロハは居ないだろう。






もちろん、仕事だけれどスタッフの関係で次の現場まで1人で行かないといけなくなってしまった







それに個人スケジュールだからメンバーもいない








誰にでもミスはあるからしょうがないよね







でも、東京の地下鉄は複雑過ぎて迷っちゃった😭





そこに、1人の女の子が目に入った





他の人は、忙しそうで聞けるような様子じゃないけど、彼女はなんか分からないけど、親近感があって聞ける気がした。
eunwoo
eunwoo
💭でも、僕のこと知ってたら騒がれちゃうかな?どうしよぉ🤦‍♂️



そんなことを悩んでいると女の子は、どんどん行ってしまう






eunwoo
eunwoo
💭遅刻しちゃうから聞こう!





トトトッ🏃





eunwoo
eunwoo
すみません… えーっと…ここに …行きたいんですけど、どの電車に乗ればいいですか




彼女は、まだこっちを見ていなかったけど突然話しかけられたことに動揺していなかった
eunwoo
eunwoo
💭すごいなぁ〜まだ高校生ぐらいなのに。聞かれることになれているのかなぁ
(なまえ)
あなた
ここなら…
(なまえ)
あなた
私が行くところと近いので一緒に行きましょうか?





そう言って、彼女は振り返り初めて目があった






eunwoo
eunwoo
いいんですか🥺
ありがとうございます。



時間もないし、案内してもらった方がいいと思って迷わず、僕は答えた





でも、僕と目があった彼女は驚いていた






突然、話しかけられたことにも動揺していなかったのに彼女は明らかに今、動揺している。





そんな時、僕はふと彼女のバックに目がいった





eunwoo
eunwoo
💭えっ





彼女のバックには、僕のキャラクターであるNOONOOがくっついていた。




eunwoo
eunwoo
💭ロハだったのか!嬉しいな〜
でも、写真撮って欲しいとか言われたら困るな








なぜなら、日本に来ている事は、バレていけないと事務所から言われていた。







だから、写真を取ってSNSにアップされたら…







そう思って、何か言われる前に僕は断ろうと思った。





そのとき
(なまえ)
あなた
っっじゃあ、行きましょうか?




少しふる震えた声で、彼女はそう言って歩き始めた。





僕は、すごく驚いた








だって、彼女は僕に気づいているはずなのに何も言わなかったから…






eunwoo
eunwoo
💭なんで?





next…