無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

623
2021/05/09

第32話

‪⸜‪‪‪‪‪︎❤︎‪︎⸝‬‪‪
shion side
















僕は、毎日がつまらなかった。












学校の勉強も簡単で、授業なんて受ける意味がないと思ってるから友達もいない、、




















男子生徒
しおんって、めっちゃ頭いいよな〜
しおん
しおん
別に
男子生徒
ここさ、分からないから教えてよ
しおん
しおん
こんなのも分からないのかよ
男子生徒
今、なんつった?
しおん
しおん
何も言ってないけど
男子生徒
もう1回言ってみろよ💢
しおん
しおん
こんなのも分からないんだな〜って言っただけだけど?
男子生徒
は?
男子生徒
お前、性格悪すぎだろ
男子生徒
もう、行こうぜ




俺は女も嫌いだった。













女子生徒
キャー
女子生徒
しおん君だ〜
女子生徒
めっちゃかっこいいんだけど
女子生徒
頭もいいし、クールなとこもいいよね
しおん
しおん
チッ…
しおん
しおん
うるせえな






やることやんないで、ギャーギャー騒いでるのが気に食わない。










同じ事が繰り返される毎日の中で、刺激が欲しくてアルバイトを始めた。











やってみると、その場に応じて考えて動く事が面白くて案外続いた。









アルバイトを始めて3ヶ月たった頃、あなたが入ってきた。





















(なまえ)
あなた
はじめまして。大内あなたです。よろしくお願いします。
.






第一印象は、箱入り娘のお嬢様でなんにも出来なさそうだなと思った、、、















教えるのも面倒くさかったから、大雑把に説明したから、理解できていないだろうと思っていた。










でも、あなたは教えた事もすぐ覚えてやったし、俺が言ってないことも見て学んでいた。











そんなところや、学校の女子みたいに騒がないところが新鮮で俺はいつしか目で追うようになっていた。










♡5 next…