無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

俺達の愛。
シルク
シルク
はぁ…本当に可愛すぎだろぉ…
マサイ
マサイ
分かるよ。
モトキ
モトキ
もう本当にンダホは可愛いなぁ~。
ダーマ
ダーマ
そんなの分かりきってるわ。
ペケたん
ペケたん
うん!
ザカオ
ザカオ
ねぇ!またさぁ監禁しようぜ!
シルク
シルク
おー!良いじゃね?
ダーマ
ダーマ
良いよ!
モトキ
モトキ
ダーマ即答かよww
ダーマ
ダーマ
おう!そんなの即答に決まってるだろ。
モトキ
モトキ
wwwwww
ザカオ
ザカオ
よし!じゃあ良いな❗
ペケたん
ペケたん
じゃあさぁ俺さぁダホちゃんの泣いた声好きなんだよねぇ~。
シルク
シルク
すげぇ分かる!ヤバイよな。
マサイ
マサイ
そう。絶対あれは誰でも興奮するわ。
モトキ
モトキ
分かるぅ!
ダーマ
ダーマ
俺さぁ無理矢理やる時のダホの嫌がってる顔最高なんだよなぁ。
ペケたん
ペケたん
あ!分かる!
ザカオ
ザカオ
俺もぉ!
シルク
シルク
本当に可愛いよなぁ…ンダホて。
マサイ
マサイ
おう。本当に俺達を狂わす。
モトキ
モトキ
そうだねぇ~。
ダーマ
ダーマ
おう!本当に可愛い…。
ペケたん
ペケたん
てかさぁダホちゃん遅くない?
ザカオ
ザカオ
うん。遅い。
シルク
シルク
…浮気でもしてんのかなぁ?
マサイ
マサイ
あらあら~そしたらお仕置きだねぇ~。
モトキ
モトキ
うん。そうだねぇ~。
ダーマ
ダーマ
まぁまぁ落ち着けて。
ペケたん
ペケたん
そうだよぉ。その時はその時ね。
ザカオ
ザカオ
ほら。落ち着け!
シルク
シルク
じゃあ待ってるか。
続く