第145話

124
15,120
2021/04/06 02:00
























五条 悟
五条 悟
……ぁ?









目が覚める。










俺寝てた????あれ?










でも最後に記憶に残ってんのは確か。、











あなたに寄りかかってたはず。











でもその肝心のあなたが隣にいない。













五条 悟
五条 悟
………










……夢でもこいつ見たな。










どんな内容だったかな。










でもなんか……












───────フッとこいつが消えた










そんな内容だったかな。忘れたわ。













五条 悟
五条 悟
あなたいる?







返事無し。











なんか急にゾッとしてきた。なんでだ?












どうせ風呂かなんかだって分かりきってるのに、












背筋がゾッとする。












五条 悟
五条 悟
……夢のせいかな……









変な夢も見るもんだ……






















花塚 あなた
うわ。起きてたんだ
五条 悟
五条 悟
何その嫌そうな顔
花塚 あなた
いやはや。さっき寝てたから
五条 悟
五条 悟
そうそう。起きたらお前消えてて吃驚したよ
花塚 あなた
私は寝言言われて吃驚したよ
五条 悟
五条 悟
え、なんて?なんか変なこと言ってた?
花塚 あなた
行くなよっていわれた
五条 悟
五条 悟
……そうなんだ





そんな内容だったっけ?











夢だから思い出せねぇ。












花塚 あなた
疲れてんのじゃない?早く寝よーぜ
花塚 あなた
ほらさっさと風呂入る
五条 悟
五条 悟
……ハイハイ
花塚 あなた
何でそんなあからさまに嫌な顔すんの?風呂入らねぇとダメだからな?部屋追い出すからな?









酷いぴえん。(?)











まださっきの夢の蟠りか何かが心に残って消えない。










どうしたら治るだろう。














あなたを愛せば治るのだろうか。










身体的に直接愛せば治るのだろうか。










自分の愛をあなたの身体に縫ったら










この蟠りは大人しくなるだろうか。











考えに考えきれず、結局有耶無耶しながら強引に










あなたの口に自分の口を合わせた。











プリ小説オーディオドラマ