無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

#3 京本大我side
撮影終わり、飲み物を飲みたくて椅子に腰かける
田中樹
疲れたー
京本大我
わかる。めっちゃ疲れた。
少年たちの撮影しつつ、このドラマ撮影はきつい。
※ドラマ撮影は空想
田中樹
でも、楽しみだね。上映されるの。
ほぼ全国じゃん。
京本大我
まぁ、全国っていっても日本国内。
国って言ってんのに日本だけだよね。
なんか、普通に変だなあって思った
田中樹
北海道でも上映されるから嬉しい。
京本大我
だね。
なんか、こういう舞台は北海道とかではできないけど、映画は出来るから嬉しい
田中樹
3月29日。東京とかって上映時違うんかな?
京本大我
え?3月29日が、北海道?
田中樹
うん。
なんで笑
先にそっちを調べた笑
京本大我
行くの?
田中樹
まさか笑笑
京本大我
調べてみるね。
京本大我
あ、全部一緒だ~
田中樹
へぇ~。
まぁ違いがあったら嫌だよね。
樹と話をしていたら
コンコン
と聞こえた
田中樹
誰だー?メイク室に
髙地優吾
失礼しまーす
京本大我
こーち!
田中樹
なにー?
髙地優吾
え、いや。なんもない。
田中樹
楽屋で待ってろ~笑
髙地優吾
俺もう撮影ないんだけど…。終わった。
京本大我
え、今!?
髙地優吾
うん。で、おつかれ~の挨拶
田中樹
用あったんじゃん笑
髙地優吾
うん笑
髙地優吾
おつかれ
田中樹
ありがと
これからまだあるけどな笑
京本大我
あ、俺もうないわ。
だから、行こ。美咲とあなたの所
髙地優吾
どこにいんの?
京本大我
さあ。髙地連絡して
髙地優吾
連絡先持ってないの?
京本大我
俺が持つ必要ないじゃん笑
髙地優吾
あー。そういうこと。
ななは
田中樹
なに?
ななは
メイク
田中樹
あ、ごめん。
ななは
髙地さんも京本さんも終わりなので出てください
髙地優吾
あーそうだね。きょもいこ
京本大我
うん。
樹のこと呼び捨てなの気になるなぁ~