無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

樹怒った
あなたが貧血って言ってからなんか治ったみたいで帰りまーす。
田中樹
大丈夫?
あなた

うんっ

ななは
あ、じゅり
田中樹
あ、はいっ。なにかありましたか?
ななは
これ、どこしまえばいい?
まって、ここ玄関。
それ3階の。え。めんどくさいよ。
まぁしょうがないよね。新しい先生だもん。教えてあげなきゃ
田中樹
3階ですね。今教えます
ななは
え、3階にいたジェシークンに言われたんだけど
田中樹
え??
あなた

あっ、ジェシー!!

ジェシー
こらぁ、こーちぃ
髙地優吾
やめて笑ほんとに
ジェシー
ねぇこれ…
髙地優吾
ちがっ
ジェシー
違くないでしょー
髙地優吾
違うってばぁー
そのまんま俺らの横を通り過ぎようとしたから
田中樹
ね、コーチ!ジェシー!イチャついてないで、ね!
髙地優吾
あっ、ごめ笑
なに?
田中樹
これ、3階だよね?
髙地優吾
うん
ジェシー
え、玄関じゃないの?
田中樹
え??
五十嵐美咲
あ!みんなだ〜!
どうしたの?
田中樹
いや、これ玄関なのか3階なのかって
五十嵐美咲
それは…玄関。
はい。先生ください
ななは
あっ、ええ
五十嵐美咲
ここだよ。
田中樹
あ!そこか!
五十嵐美咲
じゃ、先帰るわ〜ばいばーい
田中樹
うん。
あなた

バイバイ!また、明日ね?

五十嵐美咲
明日は休みでしょーが!笑
あなた

あ!

五十嵐美咲
じゃーね
あなた

うんっ

ジェシー
俺も帰る〜!
ー 帰り道 ー
手…つなげない…
田中樹
楽しかったね
あなた

そーだね。

田中樹
どうだった?俺らの応援団
あなた

めっちゃかっこよかったよ!!
筋肉すごかった

田中樹
笑笑
田中樹
俺達の筋肉 in the life 笑
あなた

ゆごほくの!らじらーだ笑

田中樹
そうそう笑
あなた

筋肉…筋肉には疎いなぁって笑

田中樹
細かい所まで覚えてんだね笑
あなた

ワンパック腹筋

田中樹
あなたと話してたら楽しいなって思った時に

前からこーちが来た
田中樹
こーち!?
髙地優吾
ごめん
田中樹
え?なにが?
髙地優吾
邪魔しちゃった
田中樹
いやっ、大丈夫!
あなた

なにかあったの?

髙地優吾
…んー…
田中樹
なにかあったから俺たちのところ来たんでしょ?どうした?
髙地優吾
みさがよく通って帰るって所あるから少し…遠回りしたんだけど…それがダメだった
田中樹
どうして?
髙地優吾
ジェシーとね…
田中樹
ジェシーと?
髙地優吾
手…繋いでた
なんかとっさに体が動いてて走っていった

どこにみさとジェシーがいるのか

知らないけど走ってた
髙地優吾
あっ、樹そっち曲がって
あなた

はやいっ。まって〜

田中樹
ゆっくりきていーよー!!
あなた

んー追いつく!!

田中樹
はぁはぁはぁ。
ジェシー
わっびっくりした笑笑
田中樹
ね、ジェシーなにやってんの?
なんか怒りそうでいやだ
ジェシー
え、なにって?
田中樹
みさもみさだよ。髙地好きなんでしょ。
ジェシーと手繋いでないで気持ち伝えなよ。なにやってんの。2人して。ジェシーもその事知ってるんだからダメでしょ
ジェシー
あっ、これはみさ悪くない
田中樹
なんで
ジェシー
俺が…ただ繋いだだけ
田中樹
振り払えよ。
口が悪くなった
五十嵐美咲
振り払った
五十嵐美咲
嫌だって言った
田中樹
じゃあ、なんd…
ジェシー
俺が繋いだ
ジェシー
ごめんね。みさ。
そう言うと繋いでいた手を離した