プリ小説

第7話

#7 あなたside
松村北斗
あなたは…樹好き?
あなた

え!?

田中樹
何を聞いてんだよ笑
松村北斗
いや。仲良いじゃん?
あなた

でも、別に…そういう…仲じゃ…

髙地優吾
樹は?
田中樹
わぁ!?びっくりした笑
松村北斗
!!!
樹の驚きで俺驚いたんだけど笑
ー その日の夕方 ー
あ、数分前に北斗から連絡来てた…
あなた

「どうしたの?」

そう返すとすぐ既読はつき
松村北斗
「今日さご飯どう?」
あーいいね〜!!
……え!?
あなた

「ご飯!?」

松村北斗
「あ、ごめん。嫌なら大丈夫!」
あなた

「え、いや。全然!大丈夫だよ。行こっか。」

松村北斗
「あ、ほんと?ありがと」
あなた

「いいえ。」

松村北斗
「何か食べたいものとかある?」
あなた

「うーん。オムライス」

松村北斗
「いいね。オムライス食べに行こ。」
あなた

「何時?」

松村北斗
「じゃー…今から少し買い物とかもどう?」
今ぁ!?まぁ、大丈夫だけど…え、どうしよう…とりあえず返そう
あなた

「大丈夫だよ」

松村北斗
「じゃ、駅前広場で。」
あなた

「了解。」

そこで終わった。


私は着替えて駅前広場まで向かった
着いた頃、時計の針は15時半をさしていた
あれ?なんかいる。
髙地優吾
いやw違うってww
五十嵐美咲
違わないよね!?
森本慎太郎
うんうん
楽しそうに話してる3人。

あれ完全に慎太郎邪魔じゃんww

早く美咲も自分の気持ちに気づけばいいのに…
あなた

美咲〜

五十嵐美咲
あなた!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Minto
Minto
やっほぉ〜! Mintoです!仮名だから本名ではない! みんとって可愛いよね。 いま、ジャニーズWEST書いてるからぜひ見てね!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る