無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

ずっといっしょ Satomi
あなたが帰って来ない…何してんの?
もう、門限3分もすぎてるよ…?
Satomi
はぁ…なんなんだよ
○○
た、ただいま〜…
Satomi
ねぇ遅くない?何したの?
○○
買い物に行ってたんだ………遅くなっちゃってごめん…
Satomi
そう?なら良いんだけど…お風呂入って来たら?
○○
うん。そうするね?
○○
スタスタ(((((*´・ω・)
Satomi
………待って…
○○
何?
Satomi
誰の匂い?
○○
え?
Satomi
俺じゃない匂いするんだけど?
○○
そんな事ないよ〜お店の匂いとかじゃない?
Satomi
ちょっと嗅がせて?
○○
えっちょ((
Satomi
ねぇ…ころんの匂いすんだけど?
○○
え?ころんくん…あぁそういえばころんくんにちょっと手伝ってもらっt((
Satomi
は?何それ
○○
え…
Satomi
なんで他の奴と居んの?意味わかんねぇ…
○○
あの…さとみくんごめん…
Satomi
もういいや…とりあえずお風呂入って来て?早くころんの匂い落としてこい
○○
うん。
ーーーーーーーー
どうお仕置をしよっかな…あ、そうだこうすればあなたは、俺とずっと一緒にいられるじゃんwねぇあなた?









全部あなたのせいだからね?













俺は、キッチンから__を取り出した__。