第2話

ドSな兄
189
2018/05/26 14:24
ある日の朝
ひかり
ひかり
お母さん私のリボン知らない?
ひかりのリボンなんて知らないわよー!
こんな感じで朝は過ぎていく
ひかり!今日からここの家に帰って来たらダメだからね!
ひかり
ひかり
わかってる!この前行って来たところでしょ?
そうよ、今日から新しい家族にも会うだろうから仲良くするのよ!
ひかり
ひかり
はーい!行ってきまーす
私にはまだ誰が兄妹になるのか知らされていない
放課後ー
新しい家の前に着いた
ひかり
ひかり
今日からここに住むんだよね、もう息子さん帰ってきてるかな?
よそよそと私は新しい家に入った
ひかり
ひかり
ただいまー
おかえりー!
貴久の父
おかえり、ひかりちゃん!
ひかり
ひかり
あれ?まだ息子さん帰ってきてないんですか?
貴久の父
そうなんだよー、もうすぐ帰ってくると思うんだけどね。ひかりちゃんあいつと仲良くしてやってね
ひかり
ひかり
はい!
私は今になって緊張してきた
すると家のドアが開いた
貴久の父
あっ!かえってきた
私は緊張して家の中をウロウロしている
貴久
貴久
ただいまー
貴久の父
おかえり!!
おかえりー!貴久くん
兄妹になる相手は学校一番人気の貴久くんだった
貴久の父
貴久、紹介するよ!これから一緒に住むひかりちゃんだ。
ひかり
ひかり
ひかりです。よろしくね
私は軽い挨拶をした
貴久くんも私が挨拶したあとに
貴久
貴久
貴久ですよろしく!
っと軽い挨拶を交わした
貴久の父
ひかりちゃん誕生日いつ?
ひかり
ひかり
私12月21日です
貴久の父
そっかー、貴久は7月4日だから妹さんになるんだね
ひかり
ひかり
そうなりますね
貴久の父
兄妹仲良くよろしくね!
ひかり
ひかり
はい!
貴久の父
よし!それじゃあこれから晩ご飯を食べるから二人とも着替えてきなさい!
ひかり
ひかり
はーい
そう言って貴久くんと私は2階に上がった
そして私が自分の部屋に入ろうとした瞬間!
ドン!!貴久くんの腕が私の顔の横にある
貴久
貴久
お前!絶対俺たちが兄妹ってことを誰にも言うんじゃねーぞ
さっきまでの優しい貴久くんではない
ひかり
ひかり
こんな冷たい兄誰にも言うわけないでしょ!
私はそう言って自分の部屋に入った。
そして私はすぐ着替えを済ませてリビングに向かった
そこにはすでに貴久くんがいた。
ご飯中の貴久くんの態度は学校で見る優しい貴久くんで、私は食事中貴久くんを疑うように見ていた。
食事が終わって私と貴久くんは部屋に戻った
私は新しい兄妹があんな冷たい貴久くんだということが信じれなかった。

私は疲れていたせいかすぐ眠気が来てお風呂に入らずそのまま眠ってしまった。
それから冷たい貴久くんとの生活は始まった

プリ小説オーディオドラマ