無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

5話



ホソクsing



僕は初めて,その事実を知らされた…




医者
実は…
医者
ホソクさんは事故により,頭を強く打ってしまったようで,
医者
脳に負担をかけてしまい…
医者
寿命が…
ホソク
ホソク
ツツ…
ホソク
ホソク
先生…いいですよ…最後まで言っても
医者
余命が…1年…になってしまった…
ホソク
ホソク
そッその,余命って手術や何やらで変えたりする事は出来ないんでしょうか?…
医者
…ゴメンね…
ホソク
ホソク
そんなッッ
ホソク
ホソク
そんなのオンマが,あなたが…
ホソク
ホソク
なんでッッなんでよッ…(泣)
医者
本当にゴメンよ…
医者
我々の力不足で…



あ〜泣いちゃった…



男の癖に何泣いてんだよッㅋㅋ
















あ〜まだあなたと別れたくないな…





















ホソク
ホソク
グスッ すいません…
ホソク
ホソク
なんかいきなり泣いたりして…
医者
いえいえ,今,泣きたい時に沢山泣いて,
医者
明日,また彼女さんが来るんでしょ?
医者
そんな目が真っ赤なまんまじゃ,彼女さん心配するよ?
ホソク
ホソク
そうですよねッ…
医者
じゃ,失礼しましtt
ホソク
ホソク
ちょっと待って!
医者
はい?どうしました?
ホソク
ホソク
あの,この事あなたに伝えないで貰えます?
医者
いいですけど,何故ですか?
ホソク
ホソク
気持ちが落ち着いたら,ちゃんとあなたに自分から伝えたくて…
医者
わかりました☺️
医者
では