無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

25
『今日、ジョンハンさん泊めていいかな』













オンマは一瞬驚いた顔をしたけど
















👩「なに、あなたは、ジョンハンさんに気に入られたの?ㅋㅋ」








と言ってきた.




『分かんないㅋㅋ』








👩「まあ、泊めてもいいよ」




『ありがと…』



👩「なんか、されたら言ってね」




『なんか、ってなに…』





👩「まぁ、ちゃんと勉強してね?」




『はーーい、ありがとう』






















ガチャ))



『あ、』



👩「ジョンハンさん、今日泊まって行くんですね」



👼「はい😊」




といって、オンマとハニは話し出した、

















数分間、私はハニに大して『こいつ態度変えすぎ』、『口悪くなるのは何故ですか』とか思いながら、オンマとハニの会話を聞いていた.






👼「あなたちゃんとコンビニ行ってきます」



『…』



👼「あなたちゃん、行こっか」



『…』




👩あなた?




『…?ん??呼んだ?』



👩「どうしたの、ボーってして、」



『ちょっとした考え事』←アルアル


👼「ㅋㅋ」


👼「行ってきますね」



👩「行ってらっしゃい~」



『え、どこ行くの?』


👼「えㅋㅋ」


👩「それも聞いてなかったの?」



『うんㅋㅋ』



👼「コンビニだよㅋ」



『あぁ、そっか』










家を出て、コンビニへ向かう














今は夜.







家の中より外の方が涼しい.













そんな中をハニと私、2人で歩く.


















>>>>next