無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

49
ダンボールを運び出して、








やっと最後の1箱














1個が重いからいちいち






ジフン先生の所に戻ってまたこの



教室にダンボールをは込まなければいけない
























U
ふぅ…疲れる










『ガラッ』
U
よし、これで帰れる











と言ってその教室を後にしようとすると












『やっほ、あなたちゃん‪‪❤︎‬』
U
はい?










そう言ってきたのは、














"見知らぬ"男子だった
U
だ、誰ですか??
知らない男
隣のクラスだよ?
U
ごめんなさい、分かりません








と言って





握られた腕に力を入れ、












振り払った、










それが間違えだったかもしれない___



















>>>>next




















いいねの数が40になったら投稿とかダメですか?))






Joshua
Joshua
待ってる!