無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

27
ガチャ))お部屋






「ふぁーー、眠い…」


👼「は、寝るなよ??」


「眠い」


👼「寝たらポッポするぞ」


「起きます」


👼「は、ひど」


「お風呂行ってくる!」←無視


👼「あぁ、うん」




























ガチャ))「上がったよ~!!!」


👼「うん」


「ハニ、入っておいでー」


👼「ありがとうー」

































ガチャ👼「あなた、上がったよ…」


👼「寝てるし…」



👼「起きろ、勉強すんぞ」


「はいはい」


👼「起きるのはや」


「だって、ハニうるさいもん」


👼「え、そんな?」


「はぁーーー、勉強だる」


👼「ねぇあなた髪まだ乾いてないじゃんか」


「ほんとだ、乾かすの忘れてた!」


「ドライヤー持ってきます~」


👼「うん」


















「持ってきた~」


👼「俺が乾かす」


「えー、いいの?」


👼「うん」


「適当にしないでね」


👼「それはどーだろ」


「だる(  ˙-˙  )」


ブォォーーーー←dryerの音ね☆


👼「あなた髪ボッサボサだね」


「すみませんねぇ」


👼「嘘だしㅋㅋ」


「(・д・)チッ」


👼「お前ほんとにキレ症かよㅋㅋ」


「(・д・)チッ」※あなたちゃんはこんなことしません


👼「明日休みでしょ?」


「うん、そうだけど」


👼「お出かけ行こ」


「は、なんでハニなんかと、、、まぁ、別にいいけど、暇だから」


👼「なに~ツンツンしちゃってぇ~」


「きもいよ?」


「あとさ、人の頬をつんつんしてくるのやめてもらえます?」


👼「ㅋㅋ」


👼「だって、餅みたいだもん」


「は、太ってねーし」


👼「そーゆーことじゃねーし」


「いいから、髪早く乾かして」


👼「乾かしてくださいだろが」



「はいはいー」
















👼「もう、乾いたんじゃね?」



「うーん、、」


「ありがとう!」














>>>>next