無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7
翌朝🐥




『ふぁ〜、おはよ、』




👩👨「ん、おはよ」




👨「ちゃんと自分で起きたのか」




『うん』



『だって家庭教師のことで頭がいっぱいで夜も眠れたもん』←え、





👨『今日、お母さんが家庭教師に予約を入れるって』



👩『優しいといいわね〜』




『スパルタとかやめてね、もう安いとこでいいよ←』




👩『さぁねーー』





👩「ほら、はやく朝ごはん食べて、学校へゴーイング」





『へいへい』








_______________




チングのチェヨン🐯「おはよー!あなた!」




『おはよぅー!愛しのちぇよん💜』




🐯「ㅋㅋ」



『ん?どうした?』



🐯「寝癖直してきた?」




『え、うん。』



🐯「まだついてますけど」



なんて言いながら鏡を持たせてくる.




『見ろって?』



🐯「うんっ」




















『わぁ、ほんとだ』




🐯「ほいっ、行こっか」




🐯「寝癖直しにね☆」







『チェヨンがしてくれるのーー!優しいー』




🐯「うん、棒読みだね〜」




『オリゴ糖』









🐯「別に褒めてねーよ☆」






『たは☆』














>>>>next