無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

52
ボタンを開けようとする







































その手が伸びてきた時








『ガラッ』








??))は、なにしてんの


























U
ッ…(泣












私は泣いてしまった














>>>>next