無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

40
🐰「〜、あなた〜?」



「うーん…」



🐰「朝だよ~」



🐰「起きよーよ?」



🐰「ねぇーーー」



「待って〜、まだ眠い、起きたくないよ~…」



🐰「せっかく2人でお出かけするのに」



ガバッ!!!



🐰「わぉ」



「ほんと?!」



🐰「うん」



なら全然起きますよ←



🐰「準備してね?ㅋㅋ」



「うん!分かった!」



やった!!今日はめっちゃ久しぶりにジスオッパとお出かけ〜!!!!!!!!!!
















落ち着こ。





______________

🐰「あなた〜!」




下からオッパの呼ぶ声がする



「なにー?」


🐰「準備できたー?」



「うんーもうすぐ終わるよー!」



「ちょっと待って!」



🐰「下で待っとくね~」



「はーーい」









17分後…←いや遅…))



「ごめん~何着ようか迷って、」



🐰「うん、全然だいじょ、、」



🐰「え!待って!?!!?」



「ん?!なんか変かな!これ」



🐰「すっごい可愛い!!!!」



「え、、」



🐰「ㅋㅋ可愛いー!」



「オッパそういうこと簡単に言ったらだめだよ?特に私みたいな人に…」



🐰「ほんとのことだったらいいでしょ?」



「え、/オッパ、恥ずかしいから、そんな見ないで?ね?」



🐰「ㅋㅋ」



🐰「よし、行こっか!」




「うんㅋㅋ」




>>>>next